無事を願って

 

ここは、19(火)20(水)以降は、ずっと子猫の姿を確認できていない

KC4F0050

 

私は、24(日)午前中と夜行ってみたけど、親猫が現れるだけ

 

餌やりさんがチビタちゃんと呼ぶ、キジ白お母さん、

午前中に会うことが出来たので、ご飯をあげた

KC4F0055

 

KC4F0058

 

KC4F0058

 

夜に再度訪問

暗くて分かりにくいけど、茶トラの男の子

餌やりさんが、赤チビタちゃんと呼んでいる、この子が子猫たちのお父さんだろう

1408927661405

顔デカイっす

赤チビタちゃんは、子猫たちの保護をはじめるより先に、捕獲して去勢手術、

耳カットでリリース

耳ダニがすごくて、後頭部の毛がはげるくらいかいていた

麻酔をかけている間に洗浄してもらってレボリューション

後ろ足のどちらかが、骨折したことがあるようで、曲がらなくてのびたまま。

今後は、餌やりさんに観察してもらう。

 

赤チビタちゃんにもご飯をあげて

車を止めている、紙類の山のほうに戻ってみたら、

チビタちゃんに会ったので、またご飯をあげた。

chibitachan

 

20(水)にキジトラ子猫を保護してくれた方が、その時キジトラちゃんしか

いなかったと言っていたし、

その後、子猫の姿を確認できていないことから、

紙の山の中からもう移動しているか、

とにかく、この中にはもういないだろうと思う。

 

9/3(水)にここの紙類を全て片づけると聞いたので、

許可を得て、27(水)の夜と28(木)の朝に、紙類の山を崩し、中にもういないことを確認した。

 

一人では出来る気がしないので、中学生の姪を道連れにして

段ボールや、紙の束をせっせとよけて、

中に誰も何もいないことを確認して、またせっせと戻した。

 

「腰いてぇ… 」

と姪が言う

ご苦労さま、ボランティアなので、お礼は何もありませんです

おつかれちゃーん

 

あたりは出来るだけ探して、声がけもしたので、

今後は、チビタちゃんがご飯を食べに来るのに、子猫を連れて来てくれるのを待ってみる

しばらくしても、連れてくる様子がない場合は、

チビタちゃんも避妊手術をしなければならないので捕獲することにする

 

広告

投稿ナビゲーション

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。