子猫保護

 

23(木)は、うしまるさん、せぱゆさんが、エアコンの室外機の下から移動した白三毛お母さんと子猫たちが、黒三毛お母さんが子育てしている倉庫付近に移動したことを確認してくれた。

次の日24(金)、子育て場所と思われる倉庫から子猫が出てきてずっと鳴いていて、保護せざるを得ない状況になった。

隣のお宅の奥様の話ではその子猫は朝から鳴いていたらしい。

六畳ねこ (7+2)

倉庫の下で子育てしているのか、付近なのか分からないでいたが、子猫たちが居たのは倉庫の中だった。倉庫の床が腐って落ちて、猫が入れる状態になっていてお母さん猫は倉庫の中で子育てをしていた。

倉庫から出てずっと鳴いていた子猫を保護してもまだ鳴き声がしていて、うしまるさんが突き止めてくれた。

うしまるさんから連絡で、子猫たちは風邪症状がひどく状態が良くないということで、見えるところにいる子はみんな保護することに。

7匹保護

この日はうしまるさんが一晩ご自宅に保護して下さり、次の日25(土)リリースするキジ白くんと子猫を受け取り、子猫たちは病院へ

次の日26(日)、もう1匹、白三毛お母さんと一緒にいて、お母さんが倉庫から出た時に保護

8匹目

白三毛お母さんは、捕獲網で捕まえようとしたけど失敗してしまい、

とても、

とっても、警戒されてしまった…(´ `;)

さらにもう1匹、黒三毛お母さんと一緒に9匹目の子猫がいる

 

子猫たちはどの子がどっちのお母さんの子供か分からないけど、体が大きめの子たちと小さめの子たちがいる

22no_chibichibi20150428_1この子たち5匹は軽度の風邪症状、体が大きめ、体重350g程度

 

22no_chibichibi20150428_2キジ白

 

22no_chibichibi20150428_3黒白

 

22no_chibichibi20150428_4黒白

 

22no_chibichibi20150428_5三毛

 

22no_chibichibi20150428_6茶白

 

 

体重280~300g程度、風邪症状がひどい体小さめの子たち

22no_chibichibi20150428_7三毛とキジ白

鼻がつまっていて呼吸が苦しく、ミルクを自分で吸えないし一度に少ししか飲めない。回数を多くしてシリンジで飲ませている

みんな飲み薬で治療中

 

22no_chibichibi20150426_1一番小さくて、一番重症のこの子は、26(日)の夜、状態がさらに悪くなり救急病院へ

肺炎のため入院

夕べ状態を聞きに行ったら、呼吸が楽になってきたとのこと。

今日も会いに行く

 

 

それからもっと小さい赤ちゃんも

yo_an20150428_1去年の秋から活動している公園

去年9月末に、餌場に3匹の子猫が捨てられて保護した

その前、春にも捨てられて、その子たちは餌やりさんが保護している

今回で3回目

今回は、うしまるさんが接触していた餌やりさんの餌場に捨てられた

 

yokan20150428_1

 

 

annin20150428_1

ごくごくミルクを飲んで成長中

元気に育ってくれますように。。。

 

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。