長すぎる最終捕獲報告

 

住宅地の現場、捕獲最終戦、
うしまるさんがお世話になっている病院に、8/19(水)、20(木)、21(金)と予約をとってくださったので、そのあたりで捕獲作業予定。
でも黒三毛お母さんと白三毛お母さん、どちらも子育て場所は分かっていなかった

8/14、
黒三毛お母さんにご飯をあげてくれている餌やりさんから、黒三毛お母さんが子猫を連れて来たと連絡あり
子猫達は庭の隅にいてご飯場所までは来ない
後日、子猫は4匹と確認出来た。

また、うしまるさんが白三毛お母さんを追跡して、子育て場所はたぶんこの辺りと検討を付けていた場所があり、近くのお宅には子猫を見たら連絡をくれるようにお願いしていた

8/17の朝
情報提供をお願いしていたお宅から、
子猫が隣のお宅の倉庫の下から出てきて遊んでいると電話があった
子猫は4匹らしい
子猫の居場所が分かったのでうしまるさんにメール
その日、ラグくんが旅立ちの日だった
でも次の日には白三毛お母さんの捕獲と子猫の保護に動いて下さって
8/18夕方
白三毛お母さんがご飯を食べにきたのはいつもより遅い時間だった。
テラスのあるお宅の奥様がずっとご飯をあげて慣らしていた小さなケージに白三毛お母さんをしっかり捕まえてくれた

mizuki20150819_2(写真はお迎えの時、白三毛お母さんはお外に戻さず、保護)

お母さんを捕獲したので、

続けて子猫の保護、

22no_20150819_1(白三毛お母さんの子育て場所だった倉庫、倉庫の後ろ側が子猫がいたと電話をくれたお宅)

うしまるさんとせぱゆさんが暗くなる中、倉庫の床下から三毛子猫2匹を保護

温厚なせぱゆさんが大声を出す様な場面もあったそうで、暗くて見えなくてとても大変だったと思う

 

8/19、
早朝、うしまるさんと、残り2匹の子猫も倉庫の下から保護

22no_46chibi20150819_1茶白(左)♀、茶白(右)♂

前日に保護していただいていた三毛2匹をうしまるさんから引き取って、

22no_46chibi20150819_2

風邪薬をもらいに一緒に病院へ

22no_46chibi20150819_3

 

自宅に着いてケージに移動

22no_46chibi20150819_4

 

22no_46chibi20150819_5

 

お薬を1週間飲んで、

26(水)

 

22no_46chibi20150822_6

 

22no_46chibi20150822_4元気になったのでワクチン接種のため病院へ

 

会計を済ませて帰り際、病院の奥さんと世間話をしながら、保護した子猫達を紹介

22no_46chibi420150826_1

茶白の子が女の子だと言ったら、前から茶系の女の子を欲しいと言っている方がいる、とのことで、
では是非その方に茶白の子を紹介してください!とお願いした。すると、三毛も可愛いから見せたいな~と仰ったので、

どっちの三毛がいいですか?どちらも可愛いでしょう?この子は全然ビビらないですよ、模様の入り方が面白くて可愛いですよね。こっちの子も目が大きくて可愛いでしょう?どうぞこの子もこの子も見せていただきたいです。いいですか?2匹とも?
良かった、お願いします~!あら~、本当にいいんですか、でもそうすると男の子1匹だけになってしまって、この子も淋しいだろうから、この子ちょっとビビりだけど青目で可愛いですよ、ほら!
出来ればこの子も一緒に、、、

いいですか?
助かります~~!!

奥さん、後ろにいたスタッフのお姉さんに

「入れ物持ってきて」と声をかけ

すぐにキャリーが運ばれてきて

子猫達は移動

奥さんは、うちにたくさんの保護猫がいることを分かっているので、

近藤さんも大変でしょうから、この子達ならすぐに里親さん決まるから、いいですよ、と4匹みんな引き受けてくれた

「みんな可愛いわねぇ」と気に入ってもらえた子猫達

後日、茶白の子は希望していた方に貰われることになったとのこと

みんな素敵な里親様が見付かりますように。。。

 

次の日27(木)の朝、

黒三毛お母さんの餌やりさんから、

仕掛けていた捕獲器に子猫が1匹入ったと電話があった

なにっ!Σ(´□` )!

お母さんは逃げてしまい、他の子猫達は近くにいるようだけど分からないとのこと

私が現場に行けるのは数時間後だったので、心配で仕方がなく、うしまるさんとせぱゆさんに無理を言って出動してもらった

ずっと雨続きの毎日、この日も朝から雨で、鳴き声なども分かりづらい

住宅地は、横一列10軒くらい並ぶ家々が、背中合わせに二列ずつ並んでいて、家の後ろの方に逃げられると回りの道路からはほとんど見えない

うしまるさんとせぱゆさんが到着した時、子猫の姿が確認できたけど、すぐに見えなくなってしまい
逃げ込んだと思われる倉庫付近に捕獲器を仕掛けて待ってみても、動きがなく
私が到着してからも、誰も見付けられなかった

 

夕方まで、黒三毛お母さんを見付けることは出来ず、残り3匹の子猫達も鳴き声も聞こえなくて、お母さんと子猫達が合流していることを願い、この日は終了

帰る前に、餌やりさんのお宅に捕獲器を4台、缶詰めをたっぷりおいてブルーシートで全体を被って仕掛けてきた。

 

餌やりさんが、深夜まで仕掛けておいてくれて、
夜中12時頃、

黒三毛お母さん、捕獲器に入りました!

とメールがあった

 

やった、、、

後は、3匹の子猫達、、、

 

28(金)最終日、
黒三毛お母さんの帰りを待っている3匹の子猫達を探す

最終日も、黒三毛お母さん病院搬送のため、うしまるさん、せぱゆさんは朝から出動して、搬送の後は子猫探し

私はカールの通院があって11時頃やっと現場に到着(`o´;)=3=3

今回の現場は、活動範囲内に家屋は250軒くらい、黒三毛お母さんが子猫達を留守番させているのはたぶんこの辺りと推測している範囲だけでも50軒くらいあった

聞き込みしていくうちに、黒三毛お母さんと子猫達が数日前まで居たところ、通ったところは大体分かった

でも何軒ものお宅の倉庫の下をのぞいても子猫達はいなくて、不在のお宅は入れないということもあり探すにも限界があった

正午過ぎ、黒三毛お母さん捕獲から12時間経過、

子猫達はお腹が空いているはず、、、

 

22no_20150828_2

うしまる先輩の指導のもと、目撃情報を期待してチラシを作製

コンビニで50枚コピーしてポスティング開始=3=3

子猫達はお腹が空いてお母さんを探し始めるから、今日のうちに情報が得られるかもしれない

1時頃、半分くらいポスティングしたところで、

視界に小さな猫の姿

はっΣ( ゚ O ゚ )!!

「い、い、いた!いたいた!! うしまるさん!子猫いたーー」

驚く私を見て子猫達も驚いて、家の裏の倉庫に逃げ帰っていく

3匹いた!

見付けたーー

待ってー、子猫ちゃん♥♥♥

22no_20150828_3この奥にある倉庫に子猫達は逃げて行った

お家の方にあいさつをして事情を説明

倉庫の下を覗くと3匹の子猫達

一度立ち上がって、別のところからもう一度覗くと

2匹しかいない

あれ?

立ち上がったすきに、黒白の子猫が倉庫の下を飛び出していた

表の庭の方に行ってみると、

子猫はエアコンの室外機の後ろに隠れていて、私が気がつくと同時に、走ってまた倉庫に戻った=3=3

速くて捕まえられない

黒白の子が戻ったと思ったら、茶白の子が1匹いない、、、

あれ~、と辺りを見回して、また覗くと、黒白の子もまたいなくなっている

なんと、、、

 

いったん倉庫から離れて道路に戻る

子猫達は鳴きあってお互いに居場所を教えあっている

近づくとどんどん逃げてしまうから、最初にいた倉庫の辺りに捕獲器を仕掛けて待つことにした

お家の方も心配で庭に出てきて、おしゃべりしながら待つ

22no_20150828_4

しばらく待ってみても、入る気配はないけれど、茶白の子が1匹、最初に隠れていた倉庫に戻りたがっている様子

お向かいのお宅の奥さんも道路に出てきて、おしゃべりしながら待つ

22no_20150828_5(隣のお宅から)
正面の倉庫が子猫達が床下に隠れていた倉庫

茶白の子が1匹は倉庫の下に戻った

黒三毛お母さんのお迎えの時間になって、うしまるさん、せぱゆさんが病院に迎えに行ってくれた

少しして、小さな鳴き声が聞こえた

子猫達が隠れていた倉庫の反対側から、家の裏にそうっと回ってみると

茶白の子が小声で鳴きながら歩いて来る

「こっちじゃないよ、倉庫に戻って…」

私も小声で話しかけると、すぐに気がついて

したたたた=3=3

ダッシュで倉庫の下に戻って行った

さっき倉庫の下に戻った子かな、、、別の子かな、、、

分からないけど、そっとしておく

こちら側には仕掛けてないから、こちらに来ないように見張って。

それから10分くらいか、じっと待っていると

カシャン、と扉が落ちる音がした

おーっ!入ったーー

そっと近づいてブルーシートをめくると、茶白の子が2匹一緒に入っていた!

ラッキーー♪

2匹をキャリーに移して、

22no_96chibi20150828_1

捕獲器をまた仕掛ける

後は黒白の子1匹だけ

道路向かいのお宅の奥さんが、鳴きマネをしたら、黒白の子が応えた☆

近くにはいる

 

1時間くらいで、うしまるさん、せぱゆさんが戻り、

22no_kuromikemama20150828_3

黒三毛お母さんは、これからも餌やりさんにお世話をお願いする
(夜に餌やりさんがリリースしてくれた)

それから、待っても待っても、黒白の子は捕獲器に入らず、

うしまるさんが、そうっと見に行ってみると

最初にいた倉庫と、フェンスを挟んで裏側にあるお宅の倉庫の下から顔を出していた

フェンスを越えられないので、道路を回ってそちら側へ

お家の方に許可を得て庭に入り、倉庫の下を覗くと、確かにいた

隅で小さくなっていた

倉庫が大きくて棒も届かず、

フェンスの向こう側からうしまるさんが棒で突いてみても、子猫はほとんど動かない

兄弟達がいなくなって、不安で動けなくなったのかも、、、

 

いくら突いても、少し動いてまた隅に戻る、、、

 

出て来てもらわないと捕まえようがない

うしまるさんが

「倉庫開けて、中から床叩いてみたら」と言った

近くにいたせぱゆさんにお願いして、床を棒で強く突いてもらった

私は倉庫の下を懐中電灯で照らして子猫を見る

床を突いた音で子猫は驚いて、床下から出ようとした

でもまた隅に戻る

「せぱゆさん、もっと!」

せぱゆさんが棒で何度も床を突いた

 

子猫はうろうろして、ついに床下から這い出て行く

「子猫そっちに出て行く!」

「ぎゃぁ」と子猫の声

「オッケー捕まえた、ストップストップ!」

とうしまるさんの声

うしまるさんが床下から出てきた子猫を捕まえてくれて

3匹目も保護

 

辺りは暗くなってきていて、時間ぎりぎりだった

子猫が隠れていた倉庫のお宅の奥さんも、道路向かいのお宅の奥さんも、黒三毛お母さんの餌やりさんも

子猫の保護にみんなで大喜び★

22no_96chibi20150828_2

1匹も残さず保護することが出来た

うしまるさんとせぱゆさんのお陰

 

う゛わ~~!

ちょっと上、空!

見上げるとカラスの大群

22no_20150828_6

うわー

22no_20150828_7

う゛~~…とか、う゛え゛ーー…と、先輩が文字にしづらい声を出していたな、、、ここだけの話。

 

4月から、5ヶ月かけて一区切りつけることが出来た。

一人で取り組んでいたら、一年たっても間違いなく全く終わっていない

 

「近藤にゃんこにコキ使われた~~」

 

大先輩方を、まる一日現場に拘束した近藤にゃんこです

 

22no_96chibi420150829_1お陰でみんな保護することが出来た子猫達、もりもりご飯を食べて
ちょっと下痢気味、、、
(前の日に捕獲器に入ったのが左側の黒白の子)

さらに、うしまるさんは管理センターに電話をしてくれて、

後日、センターの所長さんと職員の方が来てくださり、現場の町内会の役員の方々と話合いが出来た

22no_list20150902_1

これからは地域の方々に、餌やりさんを中心にしたお外の猫達の管理と、新たな猫が来た時のための備えをしてもらい、以前のように不妊の手術をしていない猫がご飯だけをもらい、繁殖して増えてしまうということが起きないように、町内会を主体として活動していただくようお願いをした。

お外の猫達が嫌われないで暮らしていける地域になってほしい。。。

確認していた全ての子達の手術が完了☆ヽ(´∇`)ノ=3=3

リリース 11匹
他、去勢手術済だった茶トラくん
出入自由な飼い猫 少なくとも2匹

保護成猫 7匹
保護子猫 16匹(うち4匹は動物病院引き取り)

 

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。