望みと現実

 

2匹だけになった赤ちゃん達、

ブログを更新した4(水)の深夜、

mini3_20160504_3

少し体重の多いほうの三毛ちゃんが、夜にミルクの飲みが悪く、

日付が変わる午前0時頃から、心臓の動きが弱くなって

午前0時半頃、息を引き取った。

 

 

mini3_20160504_4

大きいほうの三毛ちゃんは、この日体重が100gを超えたところだった。

 

たった数日だけだったけど、

ピーピー鳴いて、酸素室の中でぴょこぴょこ動いて、小さな手をむにむにさせながら眠って、

見てるのが楽しくて、

mini3_20160504_5

大きくなるのが楽しみだった。

 

一生懸命ミルク飲んでくれてありがとね

 

 

 

亡くなってからも、眠っているような可愛いお顔で、、、

 

兄妹達が待ってるからね、大丈夫だよ

 

 

 

 

mini3_20160506_1

1匹だけになってしまった、産まれたとき一番小さかった三毛ちゃんは、

 

mini3_20160505_1

mini3_20160505_2

おっぱいクッションをちゅーちゅー吸いながら、ついでにミルクも飲んで

増量中

 

mini3_20160506_2

mini3_20160506_4

mini3_20160506_5

mini3_20160506_7

mini3_20160506_8

mini3_20160506_9

mini3_20160506_10

mini3_20160505_3

大きくなって欲しいと、

願わずにはいられない

 

 

にゃんこ組ご支援のお願い
地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

広告

  「望みと現実」への2件のコメント

  1. チビタ
    2016年5月7日 7:35 PM

    幼猫の保護は大変ですが何とかしなくてはと思いながら、うまくいかない事ばかりが襲って来て本当につらいですね。
    私も23日に4~7週位の3匹を預かりました。状態が悪く医療行為を十分かけて保護主さんから預かりましたが二匹が一匹と大きさが顕著に違い心配をしましたが、翌朝に一匹が虹の橋を渡っていきました。
    近藤さんの保護猫より月齢がはるかに上でも、一時も油断が出来ないのが幼猫の運命なのかと・・・。
    せっかく助けた命でも助ける事が出来ないもどかしさです。
    生き残った二匹は元気に走りまわっていますが油断大敵です。

    大変ですがガンバテください。

    いいね

    • 2016年5月8日 4:59 PM

      チビタ様
      生き残って大きくなれるのは強い子だけ、本当に厳しい現実です。
      チビタさんの保護した子も、そこまで生きるのが精一杯という大変な環境下だったのでしょう
      私も、そのような環境で生きるしかない子達を一匹でも助けたいと思いますが、やはり叶わないことも多く、、、
      それでも、よりベストを尽くして一匹でも多くの子を助けたいので、頑張っていきたいと思います
      元気になった二匹がそのまま元気に大きくなれることを願います
      私の保護している一匹だけになってしまった三毛ちゃんは、今日なんと、うっすら目が開いてきました(´▽`)☆

      いいね

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。