月: 2017年9月

47匹里親会のお知らせ

 

18(月)は高齢猫達が主役の里親会です

みんな避妊去勢手術済み、ウィルス検査(猫白血病と猫エイズについて)どちらも陰性、三種混合ワクチン接種済み

元気な子には家族を見付けてあげたい

気持ちよくのんびり暮らす日常を知らずに歳をとってしまった、ケージしか知らなかった猫達

高齢用パウチの箱に並ぶ高齢猫、左から8番むーこ、7番みーこ、3番フリル

 

探検するー♪

むーちゃんも出ておいで~

 

4番ペコちゃん、ペコは今のところ他の保護猫達と全然仲良く出来ない、一頭飼いむき
他の子が探検してる間ずっと抱っこしてる、抱っこ大好きだから何分でも何十分でも抱っこ

 

みーちゃんソファの下に隠れる

 

フリルはごきげん♪

5番ポコちゃん

 

ポコちゃんは好奇心旺盛、他の子のケージも探検

もも、仲良くしてね

仲良くするわよ、みたいな不満そうな顔のもも

すんません、余計なこと言いました

 

探検終わり、戻った

もう終わり?はえーな

 

 

現場の飼い主宅

ここと隣の開放してもらった部屋に合わせて34匹、ゆとりは出来たけれど、まだずっとケージの中

とても甘えん坊な子や少し怖がりな子もいて様々

私も、飼い主のお家にいる子達はどの子が何番だかどういう性格だか把握しきれていない(^^;

里親会に全頭は連れて行けないけど、あまり怖がらない子を優先に連れて行く

本当に可愛い猫達

1匹1匹を、大事にしてくれる家族が欲しい、当たり前の幸せを教えてあげたい

 

9月18日(月)敬老の日

11:00~14:00

荒井東市営住宅1号棟エントランス (若林区荒井字広瀬東29)

にゃんこ組ブログ
47匹多頭飼育崩壊にゃんこ譲渡会のお知らせ

 

にゃんこ組ご支援のお願い

地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

47匹の2番、ひめちゃん

 

2番目に搬送した2番ちゃんの、初めて撮った写真

飼い主はほとんどの猫達に名前を付けていたけど、最初に私が搬送した子達は名前を聞いていなくて、どちらにしろ家に保護した子達には新しく仮名を付けることにした

「飼い主が付けてた名前とかって、(けっ)、変えるし」(本音が出る家での会話)

2番ちゃん名前どうするー?

 

やきとりが食べたかったから、つくね、ねぎま、ももと付けたやきとり兄妹は、性格的に譲渡が難しく、ずっとリビングで元気に過ごしており
3匹まとめて呼ぶときはもちろん「やきとり」と呼ばれる。「やきとりのケージがさ~」とか「やきとりのご飯が、、」とか

可愛い子猫にはお菓子や果物の名前を付けることが多い
春に保護した子には「やっぱ春っぽい名前がいい~」とか
8月に保護した子達は「夏の名前~」
この子達の名前はみんな二文字にするのね☆などなど

仮名を付けるとき何かしらの法則を考える
1番くんが「はじめくん」と付けてもらったので、は行からスタートで、「は」「ひ」「ふ」と進むことにする
2番ちゃんは「ひ」で始まる名前、3番は「ふ」…
47匹の猫達は50音の法則にしてみた(⌒v⌒)

っていうどうでもいい話しですけど、

2番ちゃんは「ひ」。。

「『ひめ』だ」

「そうだな、『ひめ』だ」

この可愛さ、ひめちゃんの他に思い付きません☆(´▽`)

気持ちが悪い写真でごめんなさい

一瞬、内臓が出ているのかと驚く、何と言ったらいいのか、お腹に抱えてたかたまり

手術をしてもしなくても、どうしたってもう長くはないと言われて、お腹の重たいのだけ取ってあげたら、気持ちよく過ごせる時間が少しでもあったらいいと

そう願って

 

手術は成功して、お腹の手術あとも、10日くらいで抜糸出来るまでにきれいに

 

せっかくお腹きれいになったから、もう少し、もう少しだけのんびり過ごさせてあげたかった

 

ひめちゃんは胸水が溜まるようになってしまい、

呼吸を助けるために退院してからも酸素室の中だけで過ごして

 

そして、あまりに短く、

 

ひめちゃんの命は終わってしまいました

 

最期の日の朝は、胸水を抜くために病院に連れて行く予定で、でも朝方から呼吸が苦しくなって

酸素濃度が下がってしまうから酸素室を開けることも出来なくて、、

もう病院までもたないんだから

抱っこしてあげれば良かった

 

 

大好きな先生に抱っこのひめちゃん♥

 

君を知らずに過ぎた10年、

10年前の自分は
捕獲器という言葉は知らず、お外の猫を捕まえるにはケージの中にご飯を置いて中に入ったら閉める
里親募集をするなど考えたことも無く、保護した子猫を自分で抱えた

その頃、ひめちゃんもう生まれてたね

 

状況を変えることが出来なかった飼い主を憎く思う

これだけ悲惨な状況で、飼い主が言いたいのは自分が苦労した話し

最近は顔も見たくないけど、猫達が心配だから訪問はする

泣きながら、どんなに考えても

失くしたものを、取り戻せない

 

バリバリ爪とぎ使ったんだよね

もう少しだけ、自由に、のんびり過ごさせてあげられると思ってた

ごめんね、ひめちゃん…

 

にゃんこ組ご支援のお願い

地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。