わさびの病気

 

にゃんこ組ホームページ

にゃんこ組フェイスブック

にゃんこ組インスタ

にゃんこ組Amazon欲しいものリスト

 

去年の3月中旬のこと、車で走行中、猫が路肩を小走りで車道に出て来そうになり慌ててブレーキをかけ、車を寄せる
車道に飛び出さず戻って行った猫を目で追うと、お家のまわりに他にも猫がウロウロウロウロ…
ここの辺りで前も道路渡ってたの見たぞ!≡З≡З
「こんな国道沿いで、、餌やりか!!むきーーっ!!」

かっとなりつつも、そうっと敷地に車を入れさせていただいて、
ピンポーン♪
やむを得ない事情でご飯をあげてるのかもしれないし、きちんと手術をされているかもしれないから、落ち着いて、笑顔で、、「こんにちは~」

そのお家のおじいさんと話しをしたのが始まり

 

避妊去勢とかってしてねっちゃ~って話しで、二回目の訪問から捕獲開始

 

早朝猫達のご飯の時間、捕獲済みの子と、これからの子を確認しながらじいちゃんとペチャクチャしゃべる
少しは費用を負担して欲しいけども、何度もは言えず、、タケノコもらって帰る

国道沿いで交通事故の危険は大きいけど、保護してあげることは出来ないので大人の猫は全てTNR
リターン後、肩に乗ってくるほど馴れているとじいちゃんがとても可愛がっていたキジ白の男の子が一匹事故に遭い死亡
じいちゃんには馴れていたので人馴れはするだろうと思ったけど、保護するしかないという子が優先されるので、戻しても大丈夫な子は基本的にはリターンで…
申し訳なかった、、まだ一歳にもならない子供だった

生んで育てていた子猫5匹のみを保護

しゃー、なの♥(*^^*)

順調に大きくなって、

5匹の兄妹のうち、2匹一緒に希望をいただき譲渡に

サビ、ハルちゃん

茶トラ、マロン

 

餌やりのじいちゃんが、お家の中の飼い猫に毎日かつおぶしをあげてると言ってて、飼い猫毎日かつおぶし食べて元気な17歳だって、はぁーなんと
かつおぶしじいちゃんの現場の、かつおキッズ☆と命名した3匹
しょうが♂、わさび♂、からし♂

立派に大きく、つやつやむちむちの大人猫に成長

ずっと、里親さん募集!だけど、手をかける時間が短いためあまりデレてくれず…(>。<)

余裕ののびのびだけど撫でようと近づいたらもちろん逃げると、、

 

先月11月中旬のこと、兄妹の中の一匹わさびがあまりご飯を食べられなくなり病院へ、

血液検査の結果はTP(総蛋白)の値が特にとても高くて、FIPの心配があり抗体価検査を出す

この時は腹水はなし

輸液や投薬をしても、全然変わらず、3日後、

よ、よだれ、よだれ!

すぐに二度目の受診

先生が、「口の中が真っ赤ですね」と

あら~、なんと~

実際は写真で見るより歯茎は真っ赤っかで、まだたったの一歳半なのに…

ステロイドの投薬をしたらすぐに食べられるように

口が痛くて食べられなかったのかと、食べられない理由があったことにほっとして

 

でもそれから二週間たって11月28日のこと、

上から見たときに、お腹のふくらみに気が付き病院へ

お腹が膨らんでると気が付いたとき、動揺して動揺して
動揺しながらも、なんとかわさびを洗濯ネットに入れて病院へ
財布を忘れ、病院に着いてから気が付く、ああ~、、もうやだ…(´;ω;`)自分嫌い
いつもお世話になっている病院さん、受け付けのお姉さんが「次回でいいですよ」って、、(´;ω;`)ウゥゥ

腹水あり

とてもとても恐れていたこと

 

私は、初めてFIPを発症した子は14年前、実家で飼おうともらってきた子猫

そんなにすぐに死んでしまうと思わなくて、少しでも食べるようにならないかと入院させてもらって病院で逝かせてしまい、
病院に迎えに行ったとき、看護師さんが目を真っ赤にしてて、
院長先生が、この病気は治らないから、家族で過ごした方がって言ったのに…

本当に本当に本当に、可愛くて仕方がなくて、どこに行ったら会えるだろうと、何回も、ずっと思った

 

3年前にも、白血病だった子がドライタイプを発症して、たったの3日

何度も発作が起きて、ステロイドで食欲は出ても、発作止めも効かなくて、妹と交代でずっと抱っこして、他に何も全く何もしてあげることが出来なかった

 

わさびは、

腹水検査や、細胞診検査など外注検査をして、

総合的に判断してFIPしかないという診断になり、

 

その間ゆっくりでも確実に進行して衰弱してきて、

本当にFIPなのか、FIPであってほしくないと思う気持ちが判断を遅らせてしまって、今月下旬になり衰弱してきて背骨が浮いて食欲が落ちていくわさびを見て、判断が遅かったことに後悔しながら急ぎ薬を注文

 

今年ニュースになっているのを見て、最近、お薬が手に入るということを知り、
もし、FIP発症の子が出てしまったらきっと使うと思っていた薬、

発症したら死ぬしかないFIPという病気に、効果があるかもしれない薬ということ
日本ではまだ未承認の薬のため、購入すること、わさびに投薬することは全て自分の判断自分の責任

 

不安だらけだけど、

もしかしたら、

わさびがまた元気になってくれるかもしれない

 

12週間の投薬期間があり、わさびの様子はこれから毎日SNSで報告します(個人アカウント、フェイスブックインスタ)

ノロマなので報告が遅くなってますが、昨日から投薬を開始していて、

一生懸命文章を打ち込んでます≡З≡З((=`ェ´=;)))

きょ、今日中には投稿せねばならねぇ≡З≡З

 

近藤フェイスブックインスタ

ブログ投稿記事一覧

 

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。