わさびの病気 今後のこと

 

にゃんこ組ホームページ

にゃんこ組フェイスブック

にゃんこ組インスタ

にゃんこ組Amazon欲しいものリスト

 

わさびのFIP治療のためのご寄付の呼び掛けにご支援くださいました皆様ありがとうございます

にゃんこ組を応援してくださっている皆様、フェイスブックのお友達やインスタをフォローしてくれてる方々、拡散のご協力や、シェアしか出来ないけどとおっしゃってもご寄付も振り込んでくれていたり、
多くの方の優しい気持ちに涙が出る思いでした、ありがとうございました

いろいろ検査をして、わさびが、やはりFIPという診断になって、
だけど今は治療が出来る可能性があるから、選択肢があるから
わさびは幸運だと思いました

治せないのはFIPだけじゃなく、
治療をしてもどんなに望んでもどうしても助けられないことはあって、いつもあって、
去年も、生まれつき心肥大だった乳飲み子や、体調の悪化でTNRの現場から保護した子達はがんで亡くなりました

治療出来る望みが薄くて見送らなければならない子達がいる中で、わさびは薬を飲ませるだけで助かるかもしれないと思ったら、
まだたった一歳半のわさびは元気になったらまだまだ生きられるかもしれない、そういう可能性があると思ったら飲ませたくて、
わさびにかかる費用をどう工面するかが唯一の一番大きな悩みになりました

以前、一回38万だったか、放射線治療に連れて行ければ治療出来ると言われたがんの子がいました、北里大学獣医学部の付属病院まで
治療出来る可能性があっても、それは現実に出来ないことと判断しました

わさびの治療は投薬だけ、

一日一回毎日同じ時間

インスリン注射の子がいるから、毎日同じ時間は簡単なこと

 

お正月のにゃんこ組ミーティングの前に、もう決めなければなかったので、わさびに薬を買いたい、買うという報告だけして購入しました
私の個人的な判断だったのと、わさびの経過報告を続けることを考えると個人ブログで書こうと思い、報告とお願いを書かせていただきました

ご支援の呼び掛けをさせていただいてから、周りの方からの話しや、にゃんこ組内でラインで話し合いをして、
意見を出し合い、悩みましたが、
結果、
わさびの治療は続けますが、
今後はわさびの薬代に関してご支援のお願いをするのを中止することにしました

この薬のことを多くの人に知ってもらいたいと思っていますが、
私がわさびの薬代を工面したいがために拡散することが、どの子のどんな病気や怪我でもご支援をお願いしたいときはありますが、
今回のわさびの病気に関しては、今、多くの飼い主さんがこのお薬を使い始めているタイミングということもあり、わさびの薬代はわさびの体重と症状により決まる金額ですが、未承認薬なので病院に行って先生に聞いても病院の先生も情報を持っていませんから、金額のことばかりが独り歩きしてしまうように思い、伝わって欲しいことが伝わるのかどうかという不安が大きくなりました

FIPを発症してしまった猫の、薬の情報を欲しいと思う飼い主さんや保護主さんに情報が正しく伝わるように願っています

申し訳ありません、今回の呼び掛けでいただきましたご寄付はわさびの薬の購入に使わせていただきます

本当に本当にありがとうございました

会計計算を担当してくれている斉藤さんが、ノロマな私達のために今年からは会計の報告もしてくれることになりました

1月分の会計が計算されましたら改めて報告してくださいます

 

文章だけの報告になってしまってすみません

お陰様でわさびは元気になってきています

これからも投薬はまだ続くので、ときどき体調など報告させていただきます

 

ブログ投稿記事

にゃんこ組メンバーSNS
組長(instagram)
猫おば(instagram)
猫おばの欲しいものリスト
近藤(facebookinstagram)

 

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。