カテゴリー: にゃおん

新しい仲間 ?…

 

南三陸町、お外の猫達、

torao_buu_sumire20160225_1

去年9月にカールが旅立ち、12月にジジが旅立って、
今、実家の敷地内に住んでいるのは、

torao20160225_1トラオと、

 

buu20160317_1

sumire20160317_1ぶー・スミレ親子の3匹

 

それと、
住処は分からないけど、食べに来る猫「にゃおん」

nyaon20160226_1

にゃおんが一番の古株、2009年の冬から来ていて、2009年産まれだとしても、もう7歳になる
水を取り替えて置きに行くと何メートルか逃げる、缶詰を持って行くとまた逃げる、いまだに全く触れない子

にゃおんにご飯をあげたら、置きっぱなしだとタヌキやハクビシンが来てしまうので、30分くらいでまた見に行って、食べ終わっていたら片づける

1月中旬あたりから、にゃおんのご飯を狙ってタヌキでもないハクビシンでもない、茶色のやつが来るようになった。

トラオが警戒していて何度かケンカになったけど、あきらめずに、にゃおんのご飯を狙ったり、玄関前まで来てウロウロしている。

ご飯をあげるにもまずはTNRしないといけないので、にゃおんが食べ終わって帰った後、夕方に捕獲器を仕掛けて、

 

chatora20160127_2

捕獲成功

 

実家付近ではこの子以外にも時々猫を見かけることがあるけど、ほとんどの子が痩せてはいない

 

chatora20160127_1

この子も体格が良くふっくらしていて、十分食べることが出来ているようなので

もともと居た餌場に帰るように、リリース

捕獲されたことに懲りてしばらくは来ないだろうと思っていたら

次の日すぐに来た

次の日も、

次の日も、、、

リリースしてから毎日来ている

 

馴れてきたら、朝と夕方、みゃ~みゃ~と鳴きながら来るようになった

「僕だよ~、ご飯食べに来たよ~、ご飯おくれ~♪」って言ってるみたいな

chatora20160325_1夕方、玄関の前でムシャムシャ食べる

ビビりで、私が動くとすぐ逃げるけど、父にはベッタリ足にすり寄って甘えている

かなり甘えん坊らしい

トラオも最初は警戒していたけど、ちょっと呆れてきている

torao20160311_1

 

 

実家から車で数分のところにある仮設住宅で、ご飯をあげているお外の猫について相談があり、

実家から近いけれど、これまで行ったことはなく、今回相談を受けて初めて訪れる新たな仮設住宅

TNRの依頼は大人の猫4匹

h_kasetsu20160224_1

h_kasetsu20160220_1

依頼者さんとお隣の方と2件でご飯をあげているそうで、4匹中2匹は全く触れなくて、どうしたらいいか困っていたとのこと

費用は全額依頼者さんの負担、私は捕獲のお手伝いと病院搬送のボランティア

 

初日に3匹捕獲

h_kasetsu20160224_2

h_kasetsu20160224_3

h_kasetsu20160224_4

残り1匹は1番警戒心の強い子なのだそうで、

警戒されてしまったので、しばらくは捕獲器やキャリーの中にご飯を置いて、中に入って食べるようにしてもらって、

3週間くらいして、慣れて捕獲器の中に入って食べるようになった

予約をとって2回目の捕獲

依頼者さんに捕獲器の仕掛け方を教えて、仕掛けてもらい

h_kasetsu20160323_1

4匹目も無事捕獲成功

 

仮設住宅に住む方が減って、集約されてきているので、ここの仮設住宅も4月いっぱいで退去しなければならないそうで、
依頼者の方は、新築しているご自宅がまだ完成しないため、近くの別の仮設住宅に引っ越し予定とのこと

ご自身で経営している飲食店がここから数百メートルのところにあり、TNRした4匹の猫達は、お店にも来たことがあるそうなので、お店に移動させてみるということだった

「馴れてる子は手術してからさらに馴れっこくなったから、お店に連れて行けると思う、触れないのが来てくれるかどうか心配だけど、、、」

でも仮設は4月末までに出ないといけないから、そうするしかない

 

餌やりしていた人が仮設を出ていき、猫は置き去りという話はいくつか聞いた

仮設がなくなった後、そこでご飯をもらっていた猫達はどうなるのか、、、

人間の勝手に振り回される

でもこの子達は置き去りじゃないから、少しほっとした

これからもご飯もらえるから、

お店に移動するんだぞ

 

依頼の4匹の他には猫はいないのか、確認してみたところ

一緒に餌やりしているお隣のおばあちゃんが、

「もう1匹居たんだけどさ~、これこの茶トラと同じの、、、居なくなったー、

車にひかれたかな~…

甘ったれでベタベタだったのっさ~」

と、ちょっと残念そうに。

 

そうなんですかぁ、、、

と言葉を返しながら、、、

 

茶トラ…

 

ふと、頭に

茶トラが思い浮かんだ

 

…あっ!!

茶トラ!!

 

「お、お、おばあちゃん!!

その茶トラ!!もしかして、

もしかしてもしかして!!うちの実家にきてる!!!!」

 

「え?」

 

「体大きくて、すごいビビりだけど、甘ったれだ」

 

私からは逃げるけど、父が、足にまとわりつかれて歩くのが大変だと言ってた

 

仮設の茶トラくんはシッポが短いけど、居なくなった茶トラは長いシッポだそうで、

シッポ長いでござる

後日、ビビり茶トラの写真を依頼者さんに見せると

「間違いない~」

と、

山を越えて3kmくらいの道のりがあると思う

 

元の餌場に、そう簡単には帰れない訳だ

chatora20160225_1

君のお家はなくなるから、

帰らない方がいいね

 

ここに上手く居着けるかな

 

茶トラ、

名前考えないとな、、、

 

ぶーは、初めて見た時、こんなブサイクな三毛猫見たことないと思った

その夜父が、「今日すんげぇブサイクな猫来たな」と言って

次の日から「ぶー」と呼んだ

ブサイクとかって、おかしいわね、こんなに可愛いのに、

buu20160311_1

 

スミレは、母が「スミレちゃんって可愛いんじゃない?」と言って、決定

sumire20160225_1

 

トラオにいたっては、私が知らないうちに庭でご飯をもらっていて、

「今日トラオちゃんにご飯あげた?」と母に聞かれた

「トラオ?誰?」

torao20150601_1

すでに「トラオ」だった

 

「茶トラが毎日来るようなら、何か名前ないかな」

と、父に言うと

しばらく考えて

「ノサオ」

と言った

「ノサオ?」

のさばりだから、ノサオ

ああ~

のさばりって、標準語?

 

あ、どうでもいい?

 

ノサオか~

 

 

にゃんこ組ご支援のお願い
地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

広告

雲と青空

 

台風19号が通過していった14日の夕方

南三陸町、実家

前の晩、廊下の小窓が一ヶ所、少し開いていて、つうか、わたくしが閉め忘れて、

朝たいへんなことになってマシタ。

yamagawa1

 

 

jiji1

 

 

buu_sumire1

 

 

torao1

 

 

karl1

庭に住んでるぽっちゃりたちは、

雨や風をしのぐ場所がある

 

心配なのは、どこで寝てるかわからない

「にゃおんさん」だけど

nyaon1

いたーー

 

nyaon3

にゃおんちゃん、いつもどおりご飯を食べに来て

いつもどおりモリモリ食べたヽ(`▽´)ノ♪

にゃおんって、どこで寝てるのかな~

yamagawa2

 

 

umigawa1

 

 

カメラ

 

猫ブログを見るのが大好き

自分もブログをはじめよう!

と決意した、みたいな気持ちになってから、

3年くらいたった…( ° ‐°)~~…

 

やっとこブログをたちあげ、

まずは写真だ

 

猫たちの写真を日々撮っていた、というわけではなく、

というかあまり撮ったことがなかったので

これから挑戦ということだけど

 

私のスマホだと、

カメラを起動して写真を撮るまでの間に、猫は視界からいなくなっている

シャッターチャンスが1分くらい続いてくれないと撮れない

 

スマホじゃ無理だ

 

だが、カメラを持ってないので

実家にある、父のカメラを使わせてもらうことに

 

 

早速、撮影してみたら、

 

まぁ!たのしー!

 

カメラをかまえてすぐに撮れる (`∇´)☆パシャ

きれいに映る!

出窓の汚れもバッチリ映ってしまう、いや~すばらしー

 

 

DSCF0911_2

来客中は、絶対見つからない場所にかくれる 近藤 にゃんこ    近藤 ライト

私も見付けられない

 

 

DSCF0933_2

寝る子は太る 近藤 にゃんこ    近藤 ホタル

まんまるおなか

 

 

 

カメラを持ち歩いて、パシャパシャ、調子よく撮影

 

 

DSCF0291_2

一人暮らしの 近藤 にゃんこ    近藤 にゃおん

TNRから4年たった今でも、近づきすぎると逃げてしまう

 

そんなにゃおんも、ズームで撮れば、このとおり

DSCF0305_2

うつくし~~

 

 

カメラ楽しー

カメラ最高

 

好調な出だしだった

 

 

このカメラ、もう離さない、と思った矢先

故障してしまった

 

撮った写真を再生していても、勝手に撮影状態に戻ってしまう

さらに、撮影モードが勝手にころころ切り替わる

 

シャッターを押せば撮影は出来るけど、使いづらい

 

 

きゃめら~

なぜ、故障、、、

スマホじゃ撮れませーん

 

快適に使うには修理が必要

 

修理に出すことにする

 

カメラがない間は、

妹や姪が上手に撮った写真を

めぐんでもらう

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。