カテゴリー: キング

3月後半の報告(前編)心の準備

 

chitose20150326_1真剣な顔でこちらを見つめて、ご飯を食べたいと訴えるモジャモジャくん (食後だよ!)

南三陸町、 実家付近で保護したモジャモジャくん、仮の名前は千歳(ちとせ)くんになった☆

お外では満足にご飯を食べられてなかったため、何回お腹いっぱい食べてもまだまだ足りない。イヤ足りてるんだけど気持ちがおさまらない。

はじめのうちは体力を回復させるためにも、たくさん食べていたけど、もうすっかり元気だし、健康診断でなんと、血糖値が上がりすぎていた(´Д `;)ガビーン、、、

chitose20150326_2「ごはん、、、」

背中の毛はまだ生え揃わないけど、とても元気、次回の血液検査が良好だったら去勢手術できるかな

 

 

yakitori20150325_1公園から保護のキジトラねぎまくん♂、茶トラつくねくん♂、キジ白ももちゃん♀

先週25(水)、避妊去勢の手術だった。

 

negima20150325_1ねぎまくん、もうすぐ月齢6ヶ月くらいになるけど、体が小さめで細い、ヒョロヒョロ…

 

tsukune20150325_1つくねくんは、まだ少ししか触れない、でも噛んだりはしなくなった

 

momo20150325_1ももちゃんは、怖がりだけど甘えっ子さん♥

 

 

yakitori20150325_2病院に預けてから帰ってくるまで8時間くらい、怖くて不安だったのだろう。 帰ってきてしばらく落ち着かなかった3匹、ケージの中で格子をよじ登ったり降りたり、、、落ちたり…大暴れだった、術後なのに…(´Д `;)

 

yakitori20150325_3やっと落ち着いたね、おやすみ

 

 

犬と猫のお世話のお手伝いをしている150匹犬猫ボランティアさまから、預かりの子たち

king20150323_1キングくん

 

 

hana20150328_12月から預かりのはなちゃん

 

 

nana20150323_1そして新しく仲間入りした、ななちゃん!

 

悪性リンパ腫のため2月から預かって治療中のはなちゃんは、週に1度の通院がもうすぐ終わる、体調が回復してご飯が食べられるようになった

 

私がはなちゃんを預かってから、猫ハウスで一緒のお部屋だったななちゃんは独りになった。数年前は10匹くらいいた猫たちが、ななちゃんだけになった。

ひとりになったら、ほとんど1日中鳴き続けるようになって、私が迎えに行くまで1ヶ月半くらい毎日鳴き続けていたななちゃん

 

hana_nana20150324_1はな(左)と、なな(右)

同じ黒白でも顔の見分けは簡単につくと思う、でも名前が似ている、はなとなな

はなちゃんはアレルギー疾患があり、シェルターの猫ハウスにいた時は、セレクトプロテインという療法食を食べていた。ななちゃんは普通食。2匹は扉を挟んで別々に食事をしていた。私が時々お手伝いに行く当番の日、到着が遅くなったとき、一緒に当番の方が猫たちのご飯を用意してくれていて、もう運ぶだけに準備されていた時があった。

はなちゃんとななちゃん、どっちがどっちだったか確認してからにしようと思って待っていた、とボランティアさん

「中で食べるのが、ななちゃんですよね」

「はい、そうです☆」

「ななちゃんは、、、療法食!」

「あー違います、ななちゃんは普通食です!」

「あ、間違えてた、よかったご飯運ばなくて。。。 それで、顔が黒っぽい方が、、、はなちゃんですよね!」

「いいえ! ななちゃんです!」

「あらっ、違った ダメだわね~1週間たったら忘れちゃって、、、」

 

うふふ(´∇ `)♥よかった、待っててくれて♥♥

と思ったけど

よく考えると、ななちゃんとはなちゃんが反対になってるから、ななちゃんだと思ってる方がはなちゃんで、ななちゃんは普通食だけど、間違えて療法食をあげるから、間違いの間違いで、結果的にはオッケーなのだった☆

 

猫ハウスの黒白ファミリー最後の2匹、はなとなな

hana_nana20150324_2よろしくにゃ!

 

 

king20150324_12年前から預かっているキングくんは、病気が進行してご飯が食べられなくなった

2012年の年末、体調をくずしていたキングくんは、下腹部に大きな腫瘍があることが分かり手術をすることに。開腹したところ、腫瘍は腸の血流量が多い部分にあり切除不可能ということで、組織を採取してお腹を閉じた。病理検査では悪性という判断はなく、1回の検査では確定できないけど、しばらくは対処療法で体調が回復するよう治療して様子をみることになった。

犬舎と猫ハウスの敷地は、夜の間無人になるため、2013年の1月から私が預かって療養生活をはじめた。

体調が回復して、腫瘍に関しては悪性の所見はないということと、高齢ということもあり、積極的な治療は特にしないことにした。

元気で過ごしていたけど、その年の11月に腎不全になった

何箇所も吐いてあって、ベッドの下で、意識はあったけれど倒れていて動けない状態だった

慢性の腎不全

高齢だと分かっていたのに、預かってからの私の注意が足りなかった

輸液で回復はしたものの、腎臓の機能は著しく低下していて、輸液を毎日しなければ体調を保てなくなった

 

それから妹が毎日、補液を続けていた

 

最近、腎不全が悪化して、キングくんはご飯を食べられなくなった

BUNは50~60を保っていたのが90を超え

クレアチニン2.6~3くらいだったのが6まで上がった

この数値ではかなり具合が悪いだろうと思う

 

年齢は推定で15歳くらい

キングくんたちは、廃車の中で生活をしていた

150匹犬猫ボランティアで、私がお手伝いを始めた時は、生き残っていた犬たち猫たちは別の敷地に保護されていたので、当時のことは写真と教えてもらった話だけ

1件の民家の敷地に200頭くらいの犬たちと、廃車の中の猫

多頭という言葉で想像できる範囲を超えた過酷な状況だったと思う

敷地内は吐き気がでる様なにおい、犬たちはケンカで命を落とし、弱い犬は隠れてご飯にありつけず

猫たちは廃車の中、堆積した糞尿の上で、数センチ開けてあった窓からご飯を入れてもらい生活していた。

若いころの生活環境が劣悪なため、高齢なって、犬も猫も重い病気を患う子たちが多い

キングくんはわりと人馴れしていて、触れたので、様子がおかしくなった時すぐに病院に連れて行くことが出来たけど、触れない子が多く、ギリギリの状態まで耐えているため、ご飯を食べられなくなった、動けなくなった時には、もう手遅れに近いということも少なくなかった

 

king20150329_1ご飯を食べられないのに、1日に何回か吐く、吐くものなんてない、少し唾が出るだけ

食べられなくなってから、ミルクを少しだけ、1回に5mlくらいずつ飲ませながら、薬を飲ませていた

 

薬を飲ませた後に、何度も吐いて、最初は何も出ないのに、何回も吐いて薬を全部吐き切った

薬を飲めばきっと少しは楽になると思って、嫌がるのに無理に飲ませて、吐かせてしまった

 

申し訳ないことをした

キングくんが嫌がることはもうしちゃいけない、

薬を飲ませるのは終わりにすることにした

 

食べなくなってから5日

 

薬を飲ませるのをやめてから、輸液と、口をクチャクチャしてない時に少しだけミルクを飲ませながら過ごして、吐いてはいない

嫌だったんだなぁ、薬

申し訳なかったデス(T_T)

そして5日ぶりに、ぺろりとウェットフードを少し舐めた

 

6kg近くあった体重は5kgをきって、ほっそりになった。

体力のある子なので、ここからどのくらい頑張るのか分からないけど、腎臓はもうほとんど機能していないので、また元気になるということはないと思う

 

食べられなくなって、何度も吐いた時は、出来るだけ一緒にいて、看病したいと思ったけど

king20150324_2キングくん的には、いつも通りがいいらしい

具合が悪いのが少し落ち着いて、眠れるようになったので

 

時々しかいないはずの私がいつもいて世話をやくのはかえって落ち着かないみたい

いない方がぐっすり眠っている…(T T)

 

缶詰めをペロペロ舐めるだけで、1日に小さじ1杯くらいしか食べられていない

まだトイレに自分で行けるけど、少し歩いてすぐに休む

 

体力が落ちていくのがかわいそうで、見てるのが辛いけど、

気持ちを整理する時間をもらったんだ

 

たいへんなのはキングくんで、私じゃない

私の気持ちを押し付けないように、そっとして、残りの日々を過ごそう

king20150329_3

そういうわけでキングくん、

いつも通りというか、

学ばないというか

妹さんに内緒で、用事のついでに、あれしてくるから、いつものあれ

 

 

週末日記

 

南三陸町実家近くの仮設住宅

s_kasetsu20150123_1相談内容まとめ

●黒い猫にずっとご飯をあげていて、子供を連れてきた。

●親はよく来るけど子供は時々しか来なくて、子供はとても警戒心が強い。親が食べ始めないと食べない

●最近日中子供だけ近くにいるときがある

親猫を先に捕まえると子供が来なくなるかもしれないというので、ケージでご飯を食べるように慣らして、2匹入ったら閉めるという作戦でやってみた

2匹入ったチャンスがあったけれど、閉めるのが間に合わず失敗。

次にケージの入口に紐を結んで引っ張るようにセットして

私が南三陸町にいるときは、昼間は捕獲器も仕掛けてみていた

s_kasetsu20150217_1何日かして電話してみたら、夕べ来たけど結んだ紐に警戒して入らなかったと。

行ってみると紐はほどかれていた

「紐はダメだな、入らない」という相談者

 

ええ~、

あきらめるのはやー

 

捕まえる気あるのかしら…

2匹一緒じゃないと子供は捕まえられないかもしれないって言うから、一緒に捕まえられるようにやってみてるのに。。。

 

ケージで捕まえるのが無理なら、先に親猫を捕まえて、後は見ていられる時いつも捕獲器を仕掛けておいて猫ちゃんが来るのを待つしかない。

 

作戦変更で、まずは親猫を捕まえる

あまり大きくないと言ってたから、やっぱりお母さんかな

 

金曜日の夜7時頃、成功したと電話があり迎えに行った

 

待っていたのは大きな黒猫だった

 

「えっと~~

あまり大きくないって聞いたけど、

結構大きい子ですね…( ̄∇ ̄;) 」

「あ、そう?」

「結構大きくて、長いです

どちらかというと男の子に見えます~」

 

「あ、そう、んじゃ父親かな?」

「う~ん、でもビッグな女子ってこともあるかもしれないから

確認してみますね」

hanadeka20150221_1これだ。

攻撃性のある子は、ケージの中でも激しく威嚇して攻撃もしてくるし、人間を全く信頼する気がない子は無反応だったりする。

この子はすごく大きい声でずっと鳴いているけれど、それだけ

シャーっていうけど、それだけ

攻撃性はないみたい

仙台に移動中の車の中でも静かにしていて、いい子だった

性別を確認したくて、触れるかどうかちょっかい出してたら、耳が欠けているのに気が付いた

 

これは、、、

カットじゃね?

hanadeka20150222_1およよ~

右耳カットだから一般的には男の子というわけで、もう1匹捕まえたい子のお母さんではない

お母さんでなければお父さんでもない

 

ただの仲良しってことか…

 

このあたりでTNRの活動をしているのは、たぶん私しかいない

 

思い出してみた

去年の5月から6月、ブログを始める少し前のこと

ここの仮設から1キロくらい離れた餌場でTNRをした

民家の庭先で殖えてしまった10匹くらいの猫。手術費用は依頼者の負担で、搬送のボランティア。6匹の子猫を保護。

週に1回か2回しか運べなくて、1ヶ月以上かかった。

ほとんどみんな庭にいるけど、時々しか帰ってこない子もいるし、いなくなってしまった子もいる

黒い大きなオス猫は、時々しか帰ってこないけど、帰ってくると他のオス猫をいじめて、弱い子がかわいそうなので、あの子は帰ってこなくてもいいです!

と依頼者が言ってた子がいた。

1ヶ月ちょっとの間に、その子は1度帰ってきて、上手く捕獲できた

激しく威嚇する子だったことを思い出した

 

お前、あの時の黒ちゃんなの?

 

TNRしたお宅に電話してみた。

他にどこかでご飯をもらってるみたいでほとんど帰ってきません。他の子に威嚇して私がいつも怒るので、私の顔を見ると逃げて行きます。

とのことだった。

 

ずいぶんと、

性格も、体も、

まるくなったね

hanadeka20150221_2「再捕獲ですか、自分で放して、また捕獲(笑)」

と、妹は大ウケ

「でもさー、

鼻デカくて、ブサイクだから

これはもらわれないわ

リリースだな」

と妹

 

仮設にリリースはしたくない

でも、ご飯をくれる人がいなくなっても、この子には一応帰れる場所はある

 

たしかに、、、ぶちゃいく

 

リリースしたくない場所でも、性格的に保護できない子なら戻すしかない

でもこの子は、

パンチってしたことないし、咬むってなんですか?っていうくらい攻撃性ゼロだった

hanadeka20150223_2

本当は人間大好きだったんだね~

 

保護できるか、リリースするか、まだ分からない

もう1匹を捕まえるために、仮設に仕掛けているので、まだここで待機していなければならない。

ウィルス検査もしてみないと決められない

 

でも、戻したくないなー

こんなに甘えん坊さんなのに、、、

 

鼻が大きいからという理由でリリースするのは不当だ、不当な扱いだ!って抗議しよう、妹さんに

 

抗議しようと思ったら、

別にいいよ、保護でも

と妹

鼻デカ黒ちゃんを見て、「お前のことなんか、全然可愛く見えてないからな」と言う。

hanadeka20150221_3かわいいんだって

良かったね

 

「でも白血病陽性だったら、おくとこないよ」と突っ込み

う、う、、、(-_-;)

ウィルス検査が怖い

 

土曜日は自宅の近くで捕獲器を貸し出している現場に、捕獲器の交換に行った。

 

その前に、午前中

預かりの子キングくんの首のあたりと手に血が付いていると妹から報告

口から出血してるのかな、手かな、、

 

少ししてから

鼻だー、鼻血だーー

とキングくんの部屋から妹の呼ぶ声

king20150221_1キ、キング!( ̄口 ̄;)!

「どうしたのかしら?

具合悪いの?

今朝ご飯は?食べられなかった?」

「全部食べたよ」

「ほえ、全部? 夕べは?」

「全部食べたよ、元気だよ、プリプリしてるよ、でも鼻血ブーだよ」

へ、へえ、、、(´Д `)

king20150221_2「キングちゃん、ちょっと出かけてくるからね

帰ってきたら、夕方病院行ってみようか」

と言って嫌がるキングくんを無理やり撫で撫でして出掛けた

 

捕獲器を交換する現場は、子猫は保護できたけれど、ママ猫がまだ捕まえられない。

ママ猫がご飯を食べている場所に捕獲器が入らなくて、近くに置いてみてたけど入りそうにないと連絡があった。

私が持って行ったのは少し大きめなので、もう少し小さめの捕獲器を持って行ってみた。

yaoyasan20150221_1ここの下に入って食べるのがベストなのだそうで

入れてみたら、ぴったり入った。

いつも食べている所なら、慣れれば入るかも

引き続きお願いします

 

そのあとは、行くと連絡していたので、餌やりYさんが来る時間に合わせて公園へ。

1月に、サビ猫ちゃんが前足を負傷して、餌やりさんも週に1度か2度しかサビちゃんを確認できない状態が続き、結局捕獲できなかったけれど、サビちゃんの前足は回復したらしい

足がきちんと着けない間は、なんとか捕まえようとしてみたけど、警戒されて近づけなかった。最近はすっかり着けるようになって、また近づいて来てくれるようになったとのこと、捕まえられるかもしれないけど足が大丈夫なようなので捕まえないことにしますということだった。

暖かくなってきたので、猫たちはご飯を食べてゆっくりしてることが多いそうで、公園に着くとちょうどサビちゃんがご飯を食べていた。

sabichan20150221_1

 

サビちゃん、キジトラちゃん、それから近くの事務所でご飯をもらっているもう1匹のサビ猫ちゃんにも会えた

sabichan20150221_2サビちゃん、食後

 

sabichan20150221_3しっかり歩けている

 

sabichan20150221_4くつろぎ中

 

kijitorachan20150221_1キジトラちゃん

 

 

mamasabichanhouse20150221_1こちらでご飯をもらっている

もう1匹のサビ猫ちゃん

mamasabichan20150221_1公園にもときどき食べにくる

公園のサビちゃん、キジトラちゃんのママかお姉ちゃんだと思われる

今度捕獲活動をするときは、ここにも仕掛けたいので、こちらの事務所に承諾をもらわないといけない

平日は夕方まで車の出入りがあるので、会社がお休みの日曜日か祝日ならいいと思いますよと了解をいただいた。

 

餌やりIさんの餌場の方は、どの子とも会えなかった、Iさんも公園に来ない日のようだった。

 

餌場に子猫を捨てられないように、もっと範囲を広げて情報を集めないといけない

以前、猫の保護をしているらしいと話を聞いたところに聞き込みに行ってみた。

そこは車の修理工場で、

猫のことを聞いてみると、猫が車に乗ったり、傷をつけられて困るので、ご飯をあげたりは全くしていないとのことだった。

たしかに。

こちらで、猫の保護をしているらしいと聞いたので、と言うと

以前、用水路に落ちていた猫を助けたことはありますと。

なるほど、、、

新しい情報はなしだった。

 

猫たちのサプリの時間だ、と気が付いて、帰宅することにした。

そして 気が付いた

キングちゃんっ!

鼻血ブーのキングくんのことを忘れていた。

帰宅して、キングくんの部屋に行くと、鼻血はまだ少し出ていた。

king20150221_3「キングちゃんごめん、今日はもう間に合わないから、明日の午前中病院行こう、ごめんね」

キングくんは病院に行きたくないので、うれしかったと思う

 

次の日の朝、鼻血は止まっていて、病院に行かなかったので、キングくんはうれしかったと思う

 

 

黒猫いろいろ

 

聖(ひじり)くんと小夜子(さよこ)ちゃん、避妊去勢の手術が終わって再度の検便もクリア、くしゃみも出ず元気がいいので保護猫仲間が暮らすリビングに移動。2匹とも友好的な性格なので2、3日で馴染んだ

聖くん

hijiri20150207_1テーブルの上を片付ける前にシャッターチャンスが、、、

 

小夜子ちゃん

sayoko20150208_2

 

 

living20150211_1黒猫が勢力をのばしている

 

里親さま募集のチラシを作るために、たくさん写真を撮った

うにくん♂

uni20150208_1うにくんは 毛が長めでふわふわ

 

目が大きくてかわいいしじみくん♂

shijimi20150207_1眉毛とヒゲ、1本ずつ白い

 

聖くん♂

hijiri20150207_2

聖くんは、

なんだろ、、、

目が小さめ?

 

kaito20152011_1カサカサ音がするおもちゃ

誰かが中に入った音に他の子が誘われて、まわりから覗いたりつんつんしたりして遊ぶ

カイトくんが中に入ってる

しばらく待ってたけど

誰も来なかったね…

そういうときもあるんだね…

 

15日(日)、バトンタッチさまの里親会に参加させていただいて、小夜子ちゃん、カイトくんにお申し込みがあった

今週中にお届けをしてトライアル開始の予定

aeon20150215_1バトンタッチさまでは、多頭飼育崩壊からレスキューしたわんちゃんたちに里親希望の方がたくさん訪れていた☆

バトンタッチさま、いつも参加させてくださってありがとうございます

 

 

yakitori20150215_11月初めに、リビングに仲間入りしていたやきとりくんたち

茶トラつくねくん、キジトラねぎまくん、キジ白ももちゃん

リビングに移動してきてから

風邪を引かせてしまって…

yakitori20150215_2くしゃみ、 鼻水、ひどいときはご飯も食べられず

 

ごめんね~(T-T)

yakitori20150215_3ちゅくねくんの左目がまだ治りきらないの…(T-T)

 

 

akari20150211_1うしまるさんからお預かりのあかりちゃんは、先週かびごさんにお渡し済み♥

かびごんさんちに移動の日のあかりちゃん

いつも通り、マイペースでかわいいあかりちゃん

元気でね♥

 

こちらは預かりの子のお部屋

2月に入って150匹犬猫ボランティアさまから預かりをしているはなちゃん

hanachan20150216_2

はなちゃんはご飯が食べられなくなり、検査の結果、消化器系のリンパ腫だった

胃に腫瘍があり、ずっと吐き気がある

今は抗がん剤治療中

hanachan20150216_1はなちゃんの病気が良くなるように、仲間のボランティアさんがサプリメントをたくさん持って来てくれたよ

 

 

king20150216_12年前からお預かりのキングくん

キングくん、

はなちゃんに元気をわけてあげて

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。