カテゴリー: 保護猫

無事だったからよかったものの

 

4/18(火)夜

ゴンママさんのお宅に遺棄されていた生まれて間もない子猫達

ゴンママさんは子猫達を、子育て中のママ猫がいる預かり様のお宅へ

でもママ猫は子猫達を受け入れてはくれず、、

「体温が低くて、74グラムしかない…
トンキニーズママ、威嚇
多分、助からない」
(ゴンママさんからのメッセージ)

郵便ポストに入っていた子猫達
「母猫は亡くなり、子猫も1匹亡くなった。この子達をどうか助けて欲しい」
というような内容の手紙が添えられていたそうで、

鳴き声が聞こえたから気付けた
もし気が付かなかったら
次にポストを開けた時は、この子達は間違いなく死んでしまってたと思う

ポストに入れるとき、

もしお家の方が気が付かなかったら、、と

思わなかったのだろうか、、

 

ゴンママさんは一睡も出来ず、子猫達を温めてミルクを飲ませた

温めたら動き出した、兆しが見えてきたと、数時間たって連絡があり

朝には、
みんな生きててくれた、と

私は寝ないと運転中に眠くなってしまうから、すみませんゴンママ、寝る!ってことで、熟睡

朝、元気いっぱいで子猫達のお迎えにゴンママさん宅に到着

ゴンママさんは私の手にお札を握らせて、

「ええ~、いいです、いりません」と言おうとした瞬間に

「いいから!返さないでよ、かかるんだから!!」と

あ~怖い~寝てない人怖い~~

私の手に諭吉さんを握らせれて、赤ちゃんを車に積み込むと、ゴンママさんは

「ああ、近藤さん、神様に見える~」と

「えっ!!」

毎日超多忙なうえに、寝てないからな~

どんな景色が見えてるんだろ~

私が神様に、、

「神様に見える~、、今日だけは…」

と言って手を振る

今日だけかいヾ(・ε・。)

 

ゆっくり発進、ゆっくり減速、カーブも遠心力がかからないようにゆっくり曲がる
今までで一番メリハリのない運転で自宅まで子猫達を運ぶ

気が気じゃなく、赤信号の時タオルをめくってキャリーをのぞくと、みんな気持ち良さそうに寝ていた

 

無事到着

添えられていた手紙によると生後5日だそうだけど、

生後5日で74~86g

小さい

ゴンママさんが、グイグイ飲む子もいると言っていた通り、この子はグイグイ、体重も一番重い

せっかく鳴き声をあげて、気付いてもらったんだ
育っておくれよ~

4/19(水)保護2日目で、
グレー78g、グレー(白)80g、三毛79g、薄茶白90g

4/20(木)保護3日目朝、
グレー86g、グレー(白)85g、三毛84g、薄茶白100g

ミルクの前、元気に動き回る赤ちゃんズ

20(木)夜、
グレー98g、グレー(白)100g、三毛95g、薄茶白109g

保護3日目まだウンチが出ず

私が何度も、

うんちは?出た?と聞くものだから

「ご所望の品です」という返信で写真が送られてきた

完璧なかりんとううんちじゃないの

4/21(金)保護4日目朝、
グレー103g、グレー(白)108g、三毛103g、薄茶白117g

4匹みんな100gに到達

グレーはおっとりさん

 

ミルクっ腹

 

ミルクボディ (げぷっ)

 

膨張中

4/23(日)グレー128g、グレー(白)131g、三毛126g、薄茶146g

だっしゅつ!

がぶーっ!

4匹みんな順調に育ってくれていて、赤ちゃん達の健康と妹に感謝

ミルクを送ってくださった皆様、ありがとうございます
毎回ミルクの前は大騒ぎです

 

4/25(火)

妹「あ、目が開いてきたー」

姉「え!どれどれ!!」

「ほら」

 

「ええーー」

ちょっぴり

三毛も☆

 

にゃんこ組ご支援のお願い

地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

山ほどある報告を一つずつ、、

 

一ヶ月以上の日々があっという間に過ぎてしまい、
ブログに訪問してくださっていた皆様、申し訳ございませんでした

報告することが山ほどあるのに、焦っても、記事がすすまなくて、
皆様に応援していただいているのに報告が遅くなってしまいました
ほんとにほんとにすみませんっ(>_<)

2月に、たくさんのご支援と協力をいただいた多頭現場の猫達は、募集も協力をいただいて里親様へのご縁を繋ぐことが出来ています

預かり様に保護していただいていた、クリームちゃん、ミルクちゃん、しょうゆ、せんべい、おかき

おかきは里親様募集中

 

うしまるさんのご友人T様が預かってくれていたクリームちゃんミルクちゃんは、うしまるさんが募集サイトへの掲載をしてくださり、とても優しい里親様と出会えて、トライアルを経て正式譲渡に☆

怖がりな性格のクリームちゃんは、馴れたと言っても、物怖じしない性格になれるわけではなく、「クリームちゃんはうちに来て本当に幸せかしら」と、里親様はクリームちゃんのことを思って胸の内を話してくださった

もう一度訪問させていただいたときのクリームちゃんは、里親様とのおしゃべりに夢中になってしまってあまり写真を撮らないでしまったんだけど(^_^;)

部屋の隅から不安そうに私を見る顔も、私がいるから隠れていたいのに里親様に抱っこされて困っている顔も、とにかく可愛くて(^^)

心配なーーい☆ヽ(≧∇≦)ノ

そしてそーっと逃げるクリームちゃん(笑)

 

里親様が送ってくれたクリームちゃん

超可愛い~

名前はクリームちゃんのまま♪
愛称クーちゃん♥

 

こちらはミルクちゃん、お届の時

ミルクちゃんの里親様は猫と暮らすのは初めて

預かり様からの話しだと、ミルクちゃんは馴れたら足にまとわりついてくるストーカー猫だそうで、

里親様からも、足にまとわりついて甘えてきます、すっごく食べてたくさん遊びますと連絡をいただけて

バッチリっす☆

トライアル終了時、色々お話しがあり再度訪問させていただいたときは、ミルクちゃんはコタツの中に隠れたり、

こっそりこちらの様子をうかがってたり

なんだかとても警戒されてしまったけど(^_^;)

一回り大きくなった感じで、ふっくらしていてとても可愛かった

ミルクちゃんも正式な名前もミルクちゃんのままで、似合ってるからと

預かり様が可愛い2匹のために付けてくれた名前
シャネルちゃんとディオールちゃんにしようかって案もあったと、冗談だけどねって預かり様が言っていたのを思い出した

冗談でよかった~~

 

 

一段ケージに隔離されていた2匹、しょうゆとせんべえも正式譲渡☆

しょうゆ&せんべい正式譲渡

2匹の幸せそうな写真がたくさんの記事

サイコーです♪

名前が「しょうゆ&せんべえ」のままらしいのですが..(笑)

せんべえはまぁありだと思う

けど正直なところ、しょうゆはないな~と思ってた
でも、呼びなれてきたら全然違和感がなくなって、むしろ似合ってるような気もしてきていた

けどもだ…(´v` )

「しょうゆ」☆

ありなんだ(笑)

 

 

そしてさらに、預かりいただいていたこの2匹について、おばあちゃんが特に可愛がっていた子達で、おばあちゃんのお家に帰ることになる可能性があったため、すぐに募集はしておらず、
預かり様から三毛ちゃんの体調に心配があるという報告があり、受診したところ、非常に残念なことに乳腺腫瘍であることが分かった
避妊手術の時は、乳腺が張っていて触診しても気が付かなかったのかもしれないとのことだった

おばあちゃんはこの2匹には名前を付けていて、三毛があやちゃん、白キジがしろちゃんと呼ばれていた
預かり様のお宅で、名前は変えてもいいですか?と聞かれて、
私は実は、綾っていう友達がいて、あやちゃんってなんか変な感じがしてたので( ̄▽ ̄)…しろちゃんも白猫じゃないし(^^;)
預かり様が、三毛はチャコちゃん、白キジはポチャちゃんと付けてくださった

今回、チャーちゃんの病気が分かり、お世話になっていた預かり様のお宅から近藤宅に移動

私のところに「チャコ」がいるので、また名前が変わって、ころころ変わってごめん(^^;)

コロンです

ポムちゃんです

よろしく

 

コロンの乳腺腫瘍については、乳腺全部に小さな腫瘍がたくさんあり、腫瘍が大きくなってきてしまう前に、全部摘出という大手術でした

入院中は5日間痛み止めを使って、退院の時は「とても順調です」とのことだったけれど、
避妊手術をしないでいることでこのような病気にかかるリスクがとても高くなり、こんなに痛い思いをさせることになる

生後半年程度の月齢での避妊手術、最初の発情が来る前に出来るのがベスト

鉄則です!!

 

手術の次の日、ご飯ちょっと食べてた

エライぞ、コロン

退院の時はカラーもとれていて、退院後の食欲はバッチリ

二週間後、25日前後の抜糸の予定

 

呼び掛けをさせていただき、2/14までにいただいたご寄付をこちらの現場の避妊去勢手術等の初期医療費として、にゃんこ組会計担当Sさんが集計してくれています

収入¥176,282

初期医療費支出¥194,963

そして、しっぽゆらゆらの会様より¥18,681をご寄付として頂戴いたしました

保護にかかった医療費を全て皆様からのご寄付でお支払いいたしました

応援してくださる皆様ありがとうございます

にゃんこ組会計報告は現場ごとには別けておりませんので、他現場や保護猫にかかる医療費と合わせて、私と、猫おば、リーダーの3人が提出した領収書をSさんが集計してくれて月ごとの会計報告になります、ご了承ください

通帳にご支援くださいます皆様、直接お渡しくださいます皆様、訪問の際にご寄付くださいます里親様、いつもフードをお送りくださる皆様
本当にありがとうございます

私の個人通帳にお振込みくださいました、2/9krdddy様、2/10EM様、2/24OS様
お礼が遅くなり大変申し訳ございません、ご支援ありがとうございます!

おばあちゃんが利用しているデイサービスの職員の皆さんは、猫達を保護した後のおばあちゃんのお家を大掃除して、イベントに参加しているところに施設長さんがご寄付を届けてくださいました
大掃除大変ご苦労様でした。ご寄付を届けてくださりありがとうございました

今回のコロンちゃんの入院手術も¥104,601の費用がかかり、厳しい状況です

腫瘍をとったから完治ということではなく、すでに転移はあるかもしれないという状況で、さらにコロンは心臓も悪く、これからはずっとお薬が必要です

今後も引き続きのご支援をどうかよろしくお願い致します

 

にゃんこ組ご支援のお願い

地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

オッポチャドの報告

 

ブログをご覧になってくださる皆様、しばらく更新が滞ってしまい失礼いたしました

まずは新年のごあいさつから..(=`ェ´=;)ゞ

明けましておめでとうございます

昨年一年もたくさんの皆様に応援していただき助けられ毎日を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

まずは、年末からお世話をしていたオッポチャドのことを書きます

昨年12/26(月)のこと
猫おばがTNRしたお外の猫オッポチャドが交通事故に遭った

車にひかれたらほとんどは助からないけど、猫おばが駆け付けた時オッポチャドは生きていて頭をあげていたんだって

車道からオッポチャドを抱えて安全なところまで移動、オッポチャドは死ぬほど怖い思いをしたから、猫おばの手をがぶりがぶり

pocha20161227_1

(猫おばが送ってくれた、事故後のオッポチャド)

猫おばの手が重傷でオッポチャドのお世話が難しいので、27、28はかかりつけの先生にお願いして、29日から私のところでお預かり

 

pocha20161230_1

最初の時点でかかりつけの先生から安楽死の選択を言われたそうだけど、、

見た目には身体は傷もなく、

食べて、ウンチも押し出され、いいウンチが出てきていた

オッポチャドはとても甘えっこな性格だったようで、要求があると「んー」「んー」って鳴く、とっても可愛い

元気になるかもしれないと、たぶん誰だって思う

pocha20161230_2

31~1/3はほとんどの病院さんがお休み

猫おばのかかりつけの先生から、急変することはないと言われていて、ご飯は自分からは食べなかったけどシリンジで食べさせれば素直に食べて、吐きもせず、押し出されてウンチが出ていた

すすめてみると、ちゅーるをペロペロ舐めて、少しずつ食欲も出てきていると喜んでいた

 

1/2の午後、オッポチャドのお尻の辺りのペットシーツが血で汚れていて、血尿が出たと思って大慌て

pocha20170102_1

ペットシーツを取り換えた時お尻を拭いたら血が付いて血尿だと思った

病院に電話したら、事故に遭ったことを考えると血尿が出ても仕方がなく出たり止まったりすると

止まらなければ止血剤を使うとのことだったけれど、

よく見たら血尿ではなく、皮膚が破けて血膿のようなものが出ていたのだった

 

このころオッポチャドは毛繕いをするようになっていて、皮膚が破けたところを舐めていた

pocha20170102_2

最初は右足ももの内側

 

pocha20170102_3

次に左外側

舐めていると皮膚がさらに破けて毛も簡単に抜けてしまい、仕方がなくカラーを着けた

それでも身体を動かすと皮膚がさらに裂けてはがれていってしまう

 

1/4、オッポチャドを連れてお世話になっている病院を受診

先生から
「安楽死という選択もありかと思いますよ」と言われた

お尻の辺りをタイヤに踏まれて、骨も折れてるけど、血管も潰されて死んでしまって、血管がダメになったところは壊死が進んでいると
「あと一週間くらいで限界かもしれない」と

そう言われても、、食べるしウンチも出るんだよ、毛繕いもしてるのに、、

 

猫おばの手が治ってきて、
8(日)にオッポチャドをお迎えに来てもらう事に

にゃんこ組では、8(日)、にきどうぶつ病院さんの里親会に参加せていただいたので、帰りに寄ってもらう

pocha20170108_1

帰ってから猫おばが送ってくれたオッポチャド
可愛いお顔、可愛いカラー(笑)

 

10(火)に猫おばがもう一度オッポチャドをかかりつけの先生のところに連れて行って診てもらう

もう、最後をどうするか考えてもいいと、

回復する見込みはなく、今日このまま安楽死を実行してもいいと言われてきた

その場ではさすがに決められなかったからと猫おばから連絡があって、

食べられなくなってくるそうだから、そうしたら決めるねってラインがきた

 

11(水)の夜、オッポチャドに会いに猫おばのお家へ

猫おばは、オッポチャドとのお別れを決めていて、最後に会いに行った

pocha20170111_1

オッポチャドを見たら分かった

身体がとても小さくなったみたいに見えて、両方の足だけ大きく膨れ上がって腰の辺りは骨を残して皮膚も肉も崩れ落ちてきていた

温かくしているから、死んでる部分はどんどん腐っていく

8(日)に、にき先生の里親会に参加しているとき、妹から連絡があって、オッポチャドのしっぽの付け根のとこ、骨が見えてきたと

すでに限界だったのか、、

最初から、においはしていた

一週間くらいで限界じゃないかと先生に言われたけれど

でも、毛繕いや背伸びもして、爪を研ぐような仕草もしていた。もうすぐ死んでしまう状態とは違う

壊死した部分も治ってくるんじゃないかって思うくらい

 

一週間たたないと分からなかった

ごめんねオッポチャド

 

明日お別れすると日中のうちに連絡をもらってたので、夜はお別れ会。。

という名のお喋り会だったりして(^^;)

pocha20170111_2

喋るおばさんズの横でオッポチャドはうとうと。。。

 

最初に名前を聞いたとき、「はっ?」って思った

オッポチャド

なにそれ

「ええだって、しっぽの先が茶だからさ~」

と、平然と言う猫おば

へぇ、、

あんまり日本語の響きに聞こえませんけどね~

でも何回も呼んでるうちに慣れたけど(笑)、長いので、うちにいたときは真ん中とって「ポチャ」って呼んでました

 

誰か食べに来てるな、って見ると

シッポだけ見えて

先っちょが茶だから、オッポチャドだなって分かったんだって

 

オッポチャドは夕べ猫おばがお別れしてくれて眠りました

またキレイなしっぽをゆらゆらさせて猫おばのとこに来てくれますように。。

 

お外で生活する猫ちゃんが、ご飯を食べに来なくなって、どこかで生きていてくれるのか死んでしまったのかも分からず、お世話するボランティアさんは辛い思いをすることも多いと思う

最後を見送ることが出来たのは、そういう意味では幸運だったかもしれない

 

オッポチャドを応援してくださって皆様、

本当にありがとうございました

 

 

にゃんこ組ご支援のお願い

地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。