カテゴリー: 十兵衛

クリスマスの別れ

 

9月24日、公園から保護したキジ白猫の十兵衛くん

はじめはリリースの予定だったけど、ケガや風邪症状があってすぐに戻せず、ケージを用意して入ってもらったらケージの中でほとんど寝ていて、出して欲しいと全然言わないのでそのまま保護することに、それから療養生活を送っていた

 

可愛い可愛い十兵衛くん、呼ぶと駆け寄ってきて頭をコツンとすり付けてくる甘えん坊さんだった

 

十兵衛くんの体が、何か重い病気のせいで大変だということを、私は分かってあげられなかった

 

12月25日クリスマスの朝に、十兵衛くんはその一生を終えて、ぐっすりぐっすり眠ってしまった

 

jubechan5

去勢手術のときはリリースと思っていたので、耳カットはしてもらって、

でも妹が、

「戻すの? だって風邪ひどいじゃん、鼻通ってないよ、食べられなくなったらどうすんの」と言うので、

たしかに鼻づまりはひどくて、ズズ、、とか、ゴゴ、、というにぶい音がしていた。

 

風邪症状の他にFIV猫エイズ陽性だったので、ケンカをしてしまったら大変ということで、すぐに保護猫たちと一緒の部屋には出来ず、単独でおけるお部屋もないので廊下にケージをおいて

昼間ケージを開けていてケージから出ても、すぐに戻るし、玄関が開いてもお外に出ようとする様子は全くなかった。

 

ケージで一日中寝ていて、

今までお外で苦労してきたんだから、いくらでもゆっくり休んで欲しいと思っていた。

 

jubechan1

 

ご飯ご飯!と騒ぐけど、気入らないのはあまり食べなくて、どういうのが好みなのかいろいろ用意したりして、そっちもこっちも手をつけて半分でやめて、でも置いておくと食べる時もあって、

お外ではいろいろ食べていたんだろうから贅沢なんだろうなぁと思っていた。

 

お薬は断固拒否で、飲み薬はとても大変、ご飯に混ぜても食べないので、治療はまずコンベニアを使ってみた

健康食品も食べてほしくてご飯に混ぜてみたけど、食い付きが悪くて、おいしく食べてほしいから、細かいことを気にしなくなったらまた徐々に混ぜてみようと思っていったんやめた。

 

コンベニアを2回使って、あまり効果がないようなので、なんとか飲み薬を飲ませてみようということでやってみたけれど、錠剤を飲むのも粉薬をシリンジで飲むのもとても嫌がって、はじめのうちは何回も失敗してしまった

 

少しずつ体重が減ってきたけど、動かないから筋肉も落ちるだろうし、慢性の副鼻腔炎になっていて、FIV陽性だととても治りにくいと病院の先生にも言われていたので、良くなったらたくさん食べられるようになるからと思っていた

 

いつも、私や妹のあとを追いかけて、何か食べたいと要求していた。

 

足元についてきて、一緒にリビングに入る

 

公園にいた時は、よく顔や首のあたりに怪我をしていたと餌やりさんが言っていたけれど、

決してケンカをしたいわけじゃない

たくさん猫たちがいるけれど、ケンカをしなくてもいいし、警戒もしなくていい

十兵衛くんはここが安心な場所だとすぐに分かったみたいで、シャーと言ったのは最初の2、3回しかない

 

 

一生懸命食べようとしても、あまり食べられす、

 

食べても足りていないようで

 

衰弱してきていた

 

 

公園に行ったとき、数メートル離れたところに、ぽつんといた十兵衛くんに、おやつをあげたくて用意していたら、近くにいた女性が、餌をあげるんですか?あの子に? 可愛いですよね、癒されますよね、と言った。

あの子に癒してもらっているの?と、ちょっと嫌味を言いたくなったけど、同じ光景を見たって感じ方は同じじゃないだろうし、知っていることも想像することもみんなそれぞれ違うと思うので何も言わなっかた。

 

捕獲して車に積み込むとき、釣りをしていたお兄さんが、「連れてっちゃうの?」と聞いてきた

その時は、リリースの予定だったので、「またすぐに戻ってきます」と答えた。

きっと公園の人気者だったに違いない

私が知らない十兵衛くんの、公園で過ごした日々、餌やりさんや釣りをする人、通行人の人たちからご飯をもらって生きていた毎日が何年もあった

 

 

食べよう食べようとしているから、もう少ししたらきっと元気になる、もう少ししたら、と

状態が悪くなっている深刻さに気が付くのが遅れた

遅すぎた

 

症状は重度の貧血で

総タンパクの値も上昇していて、腫瘍やFIPなどの可能性

白血球の値も高く細菌感染や炎症の可能性、飲んでいた抗生物質はあまり効果が出ていなかった

 

立っているのもたいへんな状態と言われたけれど

十兵衛くんは、相変わらず私や妹のあとを追いかけて、甘えたりご飯を要求したりしていて

そこまで悪いと思わなかった

 

長い時間をかけて、少しずつ悪くなってきていて、体が慣れてしまっているんでしょう、と

 

jubechan4

 

「猫は隠すからね」

仲間のボランティアさんがそう言って

 

分かっていたはずだったのに

 

十兵衛くんの「本当」に気が付いてあげられなかった

jubechan3

24日の夜、

目がうつろで、

十兵衛くんはもう逝ってしまうんだとわかった。

 

十兵衛くん、お薬効いてこないかなぁ

もう何日かしたら、今度こそ良くなってくるかもしれないけど、ダメかなぁ

 

夜中12時ころ、大好きなかつおのおやつを少し食べて、

トイレでおしっこをして横になった

朝方5時頃、起きようとしたけれどバランスが取れなくて起き上がれず、前足を動かして起きようとしたけどやっぱり起きられないのであきらめてまた横になった

あまり長くないような感じがしたので、妹が抱っこしてくれて

 

どんなにお願いしたって、

もう無理みたいだから

 

あまり苦しまないで眠れるように願った

 

午前8時

十兵衛くんは手の届かないところにいってしまった

 

 

可愛くて可愛くて、幸せになって欲しかったのに、何もしてあげられなくて

すっかり痩せさせてしまって、

ほんとにごめんなさい

jubechan2

強くて優しい十兵衛くん

きっとたくさんの人たちから愛されてた十兵衛くん

 

おつかれさま

jubechan6

 

広告

公園報告

 

サビ猫ちゃんの3匹の子供のうち、保護できていなかった茶トラの子猫を保護することが出来た!

餌場ではないところに置いてあったご飯は、毎朝釣りに来る男性があげていたものだった。

午後に公園に行ったとき会った人たちに子猫の保護のことを話したら、男性の一人が、親子の猫に最近毎朝ご飯をあげているということだった。

その日も猫の姿はなく、今朝もご飯をあげたというので今日も無理かと思ったけど、夕方また行ってみたら子猫が餌場に出てきていた

 

最初の2匹同様、うんちがゆるゆる

ケージの中で暴れて、うんちまみれになってしまった(^_^;)

キジトラちゃんキジ白ちゃんは便検査で回虫が出ているのでレボリューションをつけて、少しずつうんちの状態がよくなってきている

 

茶トラちゃんも洗濯ネットに入れてレボリューションをつけた

2、3日はそっとしておく

写真を撮ってないので写真は後日

 

今回、子猫3匹を保護できて、相談を受けた餌場の、餌やりさんがご飯をあげている猫たちに関しては保護・TNRが完了した

一番最初は白猫のシロちゃん

シロちゃんは、餌やりさんのお家の子になった。すっかり慣れて、先猫の猫ちゃんたちと仲良しとのこと

シロちゃんが連れていた子猫たちは近藤にゃんこハウスに保護。 あられちゃん♀、みぞれちゃん♀、しぐれくん♂、かりんちゃん♀、ナナちゃん♀ ( かりんちゃん、ナナちゃんは譲渡)

 

顔デカのキジ白くん、近藤にゃんこハウスに保護、仮の名前は十兵衛くん、かなり慢性化している風邪症状の緩和のため治療中

 

TNRで公園に戻ったサビちゃん、保護した3匹の子猫のお母さん

 

TNRで公園に戻ったキジトラちゃん

この子たち4匹は餌やりさんが手術の費用を負担

サビちゃんもキジトラちゃんも、冬になってふっくらしてきた

この他にもう1匹、別の方にご飯をもらっているサビ猫ちゃんもTNR済み(写真なし)

9月下旬、餌場に捨てられていた子猫3匹、ちくわ♂、はんぺん♂、しらたき♀ 近藤にゃんこハウスに保護、11月譲渡

 

この公園には他にも餌場があと二ヶ所あり、そのうち一ヶ所は別のボランティアさんの働きかけがあり、餌やりさんがご自身で、ご飯をあげている2匹の猫たちの避妊去勢の手術を済ませている

もう一ヶ所は、女の子の猫ちゃん3匹、男の子1匹確認できているが、餌やりさんが手術に大反対

その方は、「自然のままがいいんだ、子育てをしている母猫は幸せだ」などと言って、避妊手術が済んだ猫たちをかわいそうだと言っていた

自然、という意味は分からない

人間社会で、猫たちが生ゴミやネズミを食べながら必死に生きているのは自然だろうか、食べるものがなくて成長できないガリガリの体で、道路をトボトボ歩いている姿は自然だろうか

 

餌場の餌やりさんに手術の働きかけをしてくれたのは、うしまるさんというボランティアさんで、この公園の活動を始めてから私の方から コンタクトをとった

管理センターにも相談して下さって、手術に反対の餌やりさんを説得するなどということは諦めて、これ以上子猫が産まれないようにTNRをしようということで、捕獲のため公園に出向いてくださり、早速サバ白のお母さん猫を捕獲

うしまるさんのブログ 六畳ねこ

 

不妊の手術に反対の餌やり、さん、自分がご飯をあげている猫の頭数を把握しているかどうかは分からないが、今確認できているのは4匹、もっといるかもしれない

餌やりさんがご飯をあげている頭数に入っていない猫ちゃんも1匹確認

餌やりさん以外にも、釣りに来る方などがご飯をあげているので、また確認していない子がもっといるかもしれない

確認できた子はみんな手術をしていきたいと思う

 

ぼくも里親さま募集

 

たっぷり更新 その4 「経過報告」

たんけんするぞぉ♪

chibi678_8

 

よいしょと

chibi678_9

 

 

chibi678_10

 

ニャハ!

chibi678_12

 

おょ?

chibi678_13

 

は、はなせー

chibi678_14

チャックを開けるとすぐに飛び出そうとする

 

フロントラインスプレーを体中にしっかりすりこんで、一週間

毛をかき分けると沢山いたノミは、きれいに落ちたように見える

あと一週間待って、レボリューションもつける

chibi678_15

もうちょっとがまんしてね。

 

chibi678_16

お母さん猫がプリプリに育ててくれた可愛い3匹の子猫たち

里親さま募集☆

 

それから、

DSC_0546

イチゴのベッドがよく似合う可愛いボクも、里親さまを募集

 

kaodeka2

 

 

kaodeka3

ケージの中だけでは、嫌がるかと思ったら、全然

ケージから出たがる様子もなく、のんびり過ごしている

お外生活は引退

 

公園に戻した2匹の猫ちゃんはこれまで通りご飯を食べに来ている、最初に手術をしたサビ猫ちゃんは、子育てをしている可能性がある

もう1匹、最近来なくなってしまったというサビ猫ちゃんが、他の方にご飯をもらっているのを餌やりさんが発見

その方とお話しして、これからもご飯をあげ続けてくれるということで、サビ猫ちゃんも捕獲、避妊手術をして元の場所に戻し完了

写真を撮らないでしまったので、写真なし

 

3匹の女の子の猫ちゃんが公園に戻ることになった

公園を利用する人の中には、猫がいるのをこころよく思わない人もいるはず

リードをつけないでワンちゃんを散歩させる人がいたり、餌場にガラスがばらまかれていたこともあるそうで

心配なんだけど…

安心だ~って場所はあんまりないけど…

全ての子を保護してあげることは当然、出来ない

公園の他の餌場の猫さんたちも、子猫が産まれないように、避妊去勢の手術だけでもしてあげられたらと思う

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。