カテゴリー: 高齢猫46+1

頑張れ47匹

 

47匹の猫達について、大変多くのご支援ご協力ありがとうございます

ケージの中でほとんど動くことなく生活して来た猫達
ぽんっと飛び上がることは、あまりしない
飛ばなくてもいい高さなら、よっこいしょっと登るけども
動きの良い子もいて、個体差なので、1匹1匹確認していきたい
一段のケージに棚を付けてあげるくらいの高さで最初は慣らして、少しずつ運動量を増やしていくといいだろう

といっても高齢なので、ほとんど寝てるんですけど..( ̄∇ ̄;)

 

初回訪問の日に病院搬送して、すぐに治療を始めてもらった1番くんは、
腫瘍の他に、骨折があり、
背骨の骨盤につながるところ、上から押されたように折れてお腹の方にずれている

知らずに動かしたせいなのか、数日は、突然叫び声をあげて痛がり、
体を丸めていたのもそのせいだろう、
左側が下になってはいられず、楽な体勢でいたのにそれも知らずに動かしてしまって、シャーッ!!
本当に申し訳なかった

圧迫排尿が必要なこの子に引き取りの申し出をいただいて、

今はしっかり自分で食べているそうで、

本当はそうなんだ、きちんと食べる子なんだ
「はじめくん」ごめんね、良かったね~

 

お腹の腫瘍が日に日に大きくなってる2番ちゃん、
体力が付いてから手術の予定で、先週土曜日血液検査に。
初めは良く食べたけど、一週間前から下降気味
数値は少し改善しているけど体重は減っている
これ以上は持ち上がらないとみて輸血しながら手術をすることに、昨日から入院で今日手術

 

当初はこの状態で、47匹が詰め込まれていた現場のお宅

頭数を減らすために移動して、
2~9番までの8匹と、12番、24番、29、30、31番ちゃんの合計13匹が近藤宅に移動、入院中の子は退院後移動

はじめくんを含めて14匹移動しても、まだまだ33匹ぎゅうぎゅう

この物件は、この部屋以外はもう誰も住んでいないので、隣の部屋を開放してもらって
オス猫くん達をほとんど隣の部屋に移動

搬送応援の木皿さんが、窓がすべて段ボールなどでふさがれていたのを開けて換気をするように話してくれて
明るいな~

床がだいぶ広くなった

奥の部屋は畳が腐ってるみたいなので段ボールを敷いたまま

部屋の一番奥にいたこの3匹が14歳の最年長チームだそうなので、うちに移動させる(29、30、31番)
帰り、キャリーに入れて一緒に帰宅

そうするとここに大きなケージが置けるので、次回ここにケージを設置して、女の子達を2~3匹ずつに分ける

 

開けてもらった隣のお部屋

昨日、ケージを積んで来て、軽自動車なので5台積むのが精一杯

男子軍団は1匹ずつには分けられたけど、次はもっと大きいケージに移動させたい
週末もケージを運ぶど =3

ケージ設置の後は病院搬送、入院する2番ちゃんを連れて来て、一回目の搬送の子と、一度目の受診が完了して飼い主のもとに戻していた12番ちゃんが体調が悪く受診

ずっとトイレに入っていておしっこが出ていないみたい、食欲もないと
12番ちゃんは女の子なのでおしっこが詰まってしまうということはほとんどないと思うけど分からない
血液検査とエコーで診てもらい、子宮蓄膿症か他にも何かあるかもしれない、おしっこは溜まってないけど腫れている臓器に圧されて尿意を感じているのかもと
緊急に入院して、今日、2番ちゃんと一緒に12番ちゃんも手術

 

近藤宅に移動の子達

本日手術の2番ちゃん
2番、12番どちらも今日の手術は無事に終わり麻酔から覚めたとのこと
2番ちゃんのお腹の腫瘍はきれいに取れて、ただレントゲン検査で肺に転移がみられる
お腹の腫瘍は取れるだけ取って、あとは小さいのがいくつか残っているけど、この子が亡くなるまでの間に、悪さをするような大きさではないとのこと
詳しい報告はお見舞いに行ったときに聞くことにする

 

毛玉絨毯の3番ちゃんは、体調は良いようなので明後日5(土)避妊手術予定

 

左7番と、右8番

7番ちゃんは避妊手術済
女の子はサビ柄が多く、その中でも7番ちゃんの柄の入り方がナンバーワン個性的だと思う、
間違いなく

8番ちゃんも5(土)避妊手術予定

 

4番、5番ちゃんは避妊手術済みで

手術の後、少し元気がなかった

この後、術後に着せていた服を脱いだら元気になったそうで、
動きにくかっただけね(^^)良かった

 

 

6番くんは、ストルバイト尿石症で、血尿が出てその後結石が尿道につまって、おしっこが出なくなってしまい入院
尿道にカテーテルを挿入しての治療、おしっこをたくさん出して結石を排出させて、これからは食事療法
PHコントロールやストルバイトケアをにゃんこ組欲しいものリストにリクエストさせていただきました
退院してきてからは、キレイなおしっこがドバドバ出ていて良かった~(^^)
うしまるさんからホームセンターの大売り出し情報で買ってもらった、素敵な冬柄のおこもりベッドでグッスリ♥(8月ですが何か?)

 

ご提供いただいたケージを重ねて、

下の段は9番くん、7番ちゃんと一緒の日に去勢手術済

9番くんはおしっこも検査をして結石の心配はなし☆

 

上の段は24番ちゃん

反対側からお顔をはいけーん
寝てたの~

一回目の搬送をしてくれた木皿さんと猫おばから、
この子も腫瘍だ~!(>□<)
と連絡あり

病院に一泊させてもらって、次の日お迎えに

こんな状態になってしまっては、「治る」、なんていうことはなくて、亡くなるまでの時間をどのように過ごすか

出来るだけ治療をしてあげたいけど、それは選択を迫られる

どの子もかわいそうでかわいそうで仕方がない

 

フードのご支援やご寄付、ケージの提供など、近くの方も遠くからも、たくさんたくさん本当にありがとうございます

搬送チームのお陰で今日で37匹まで一回目の搬送、猫白血病と猫エイズの検査やワクチンなどの処置が済んでいます

 

にゃんこ組ご支援のお願い

地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

47匹のこれから

 

にゃんこ組ブログでお伝えした多頭高齢猫の相談について
高齢猫47匹の部屋

40匹以上に繁殖してしまった猫達を、もうこれ以上は増えないように雄雌を別けてケージに入れて、お世話を続けていた飼い主

 

初めて訪問した日、約束の時間より1時間早く到着出来て、近くで相談者さんに電話をかけたら大丈夫とのことだったので夕方5時過ぎ訪問
管理会社の担当者さんと約束の時間は6時

猫密度が上限オーバーの状況に冷静さを失ってしまい、
自分では冷静に話しをしようとしても、
「体調がよくない子はいないですか?」と聞くと
「みんな元気です」と飼い主は笑顔で答えるから

いやいやいや、なんでこの子の首のとこボコってなってんの、これ
とちょっと声を荒げてしまう

みんな元気だと思ってる飼い主は、驚いた顔で

この子は、今は1匹で入れてますが、昔は他の子と一緒のケージで、
ケンカをしたんです、それで目がすっかり飛び出してしまって

目?

飼い主の記憶では飛び出してしまったという目のことばかりが思い出されるようで

目が飛び出したんです
と、何度か言っていた

女の子達が発情していても、ケージで隔離されていて

未去勢のオス同士がケージの中に閉じ込められ、ケンカで死んでしまってもおかしくない状況

若いころはケンカも激しかっただろう

バスケットや衣装ケースの中では体を起こすのも背伸びも難しいと思うんだけど

中に猫が入ってるのに驚いて、生きてるんですかと聞けば

元気ですよ、
カゴが好きなんです
と答えが返ってくる

おしっこやウンチをしたら出して中をきれいにして戻すというふうにお世話をするそうで
家にある子猫用ケージや一段ケージ、小さいのでも仕方がないので全部持ってきて、バスケットと衣装ケース、メッシュケージの子達は移動させた

 

初回訪問当日に病院搬送した茶トラくん

ぼっこりくっついてたグロテスクなのがとれて良かった(^-^;

 

もう1匹、怪我が治らなくて毎日消毒をしていたという2番目に搬送した、2番ちゃん♀

麻酔をかけられるように体力をつけたい

一番ぎゅうぎゅうだったケージの上の段にいた

上の段には6匹、下の段と比べるとゆったりして見えてしまうから怖い

この子はトイレを使えるようになった
ところがケージをのぞいたとき、お腹に抱えているグロテスクなやつにトイレの砂がくっついてしまってるではありませんか( ̄0 ̄lll)オオ~…
カラーを着けなければ舐めて噛んで出血してしまう
よく今までカラーを着けないで血だらけにならずにいられたと感心してしまう
毎日消毒の成せるわざか、、

初回の血液検査では、赤血球が240万くらいしかないド貧血だったのが、
カラーに慣れてからパクパクご飯を食べていて体重も少し増えて赤血球の値も400万まで回復

「順調ですね」と喜んでいたら、ここ2日くらいほとんど食べない…(T_T)なーぜー

 

10匹ぎゅうぎゅうケージから、3番4番5番(みんな女の子)年齢は12歳くらい

手前、3番の長毛ちゃん、びっしりと硬い毛玉絨毯で刈るのに時間がかかったので残りは避妊手術の時に全部刈ってもらう

3匹とも猫白血病と猫エイズ陰性、3種ワクチン接種

4番5番はトイレがすぐに使えて、性格もとっても甘えっ子
左5番、右4番

甘えたくてニャーニャースリスリ

上手に写真が撮れないけど(^^;)

とっても可愛いのです♥

この2匹は体重も3kgあって、元気食欲あり

 

3回目の訪問で、風邪症状が気になるオス猫くんと、ぎゅうぎゅうケージからさらに2匹搬送

6番くん、オス同士3匹一緒のケージでケンカもしていた

風邪症状と、ほっぺが膨らみすぎてる件について、
どうなのかしら、


膿でもたまってるんじゃないかと思ったけど

究極に皮膚が厚くなっているだけということで、大丈夫

風邪症状はひどい

ぎゅうぎゅうのケージから7番8番

7番ちゃん

8番ちゃん

6番7番8番、猫白血病と猫エイズ陰性、3種ワクチン

 

3番7番8番ちゃんが一緒のケージ
初め二段のケージに入れたところ、上の段に落ち着いた子と下の段とで上下の行き来がなく、上と下でお互いシャー!とか言ってるし
一段のケージに移動して、まずはトイレを使うことから
ペットシーツから砂に移行出来て、大丈夫みたい

6番くんのケージに入れた箱が、
小さかった、、

 

 

爆睡しているのか、倒れているのか...

飼い主が言うには、「この子はいつも寝ているんです」とのこと

現実逃避か

9番目に搬送、現実逃避の茶トラくん

 

パンツはいてるみたいな、毛玉です
11番

11番おパンツちゃんと同じケージからもう1匹一緒に搬送

10番ちゃん

9番10番11番、猫白血病と猫エイズ陰性、3種ワクチン

 

現実逃避の9番くんは、起こされて病院に連れて行かれて知らない場所に連れて来られて、ものすごい険しい顔

おじいちゃん、、

この子も他のオス猫くんと一緒のケージでケンカをしているので戻さずに保護

少ししてからのぞいてみたら、毛繕いしていて、その後ご飯もトイレも大丈夫

 

女の子は一段にだいたい5匹ずつ入ってる状態だけど、何匹か連れ出してほんの少し余裕をもたせることしか出来ず、10番11番はお家に戻る

10番

パンツがとれてスッキリ11番

一回目の搬送でウィルス検査(猫白血病と猫エイズ)とワクチン

体調の心配ない子から血液検査をして避妊去勢手術をしていく

まだまだ報告あります

次回はにゃんこ組ブログで!

 

 

にゃんこ組ご支援のお願い

地域猫活動のための費用と保護している猫達の医療費のご支援をお願いいたします

投稿記事一覧

里親様募集中

にゃんこリスト1

にゃんこリスト2

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。