SNSに書かれていたこと

 

『仙台猫56匹SOS』クラウドファンディング

『仙台猫56匹SOS』アメブロ

クラウドファンディング100パーセント達成、大変多くの皆様ご支援応援ありがとうございます

個人で猫のためのボランティア活動をしていたEARLYさんが脳出血で入院して、EARLYさんの保護猫達のために『仙台猫56匹SOS』としての活動が始まり、
保護した猫達のための資金をご支援いただくことが出来て、これから先はお世話を続けながら募集を開始していきます
前回やっとブログ更新してから、続きの下書きし続けて、、あらもう二週間

 

EARLYさんとは同じ仙台在住で活動していると言っても別に接点はほとんどなく、日頃からお付き合いがあったわけじゃなくて、
私がEARLY(金田)さんに、活動について指摘していたことはEARLYさんが自分で書いていたこと
きちんと活動しているかSNSだけでは分からないとも言うけど、金田さんのは分かる、自分で書いてるから

 

保護時にウイルス検査をしてなかったことは、
2018年3月24日の投稿で翼くんという子が白血病だったと報告していて、

インスタ投稿2017年の10月6日と13日に保護の報告をしている3匹のうち一匹(保護時にはウイルス検査の報告はなし)
3月27日の投稿で兄妹のピノちゃんも白血病だったと、
(この子達が最初の白血病の保護ではなく、以前にも白血病の子の保護はあり)
それから一緒に連れて行ったチビクマちゃんが猫エイズ陽性
そして先生の話しとして、「同居していても喧嘩もしないならば感染はほぼ考えられないそうです」と書いてる

先生がもしそういった話しをしたなら、エイズのことでしょうけど、
エイズだったら喧嘩しないならほぼ考えられないでしょう…通常は、、

このとき、陽性の子と陰性の子が同室で暮らしていたことがはっきりしたのに、対処するようなことは書いてなくて
キャリアの子が何も悪くないのにあらぬ疑いをかけられて存在を否定されたようでなどと、ちょっと理解に苦しむことを書いていて、
悪いのはキャリアの子じゃなくて保護主ですから

 

ウイルス検査をしてなかったことはご本人も認めているところで、
2018年11月22日、
数年前から保護していた「たまちゃん」がキャリアだと分かったという投稿でやっと先住の猫達のウイルス検査実施の投稿
「先住猫のウイルス検査、子猫のウイルス検査全部マイナスで一安心。」と簡単に書かれている

でも、一頭ずつケージに入れて猫同士の感染がない状態で潜伏期間を待って検査しなければいけないのに、そういった経過の報告はないので、このときの「全部マイナスで一安心」に信頼性はなく
実際、この以前から居る猫達が今回の検査ではエイズやダブルで出ている

 

「全部マイナスで一安心」以降2019年は、白血病の感染がないようウイルス検査をして陰性の子には5種ワクチンを打つようになって、お陰で白血病の感染は防げていたかもしれない

しかしほとんど考えられないはずのエイズが感染してしまっていた可能性があり、

26番、気仙沼保健所から引き出しの茶白きなこくん、

保護時はウイルス検査もマイナスでと投稿
今回は猫エイズ陽性

 

それから、去年保護した子猫達は、母猫が猫白血病猫エイズともに陰性だから子供も陰性と思われるということで、
子猫達には3種捨てワクと5種を接種
去年の子猫達は、2番、17番、23番、28番、32番、

ママが陰性だから子供達も陰性のはずが、2番、23番、28番、32番は一回目のウイルス検査で猫エイズ陽性

喧嘩もしないなら感染はほぼ考えられないはずだけど、この子達は2番が去勢済みだった以外はみんな未避妊だったし、
未避妊未去勢はこの子達の他にもいて、

エイズが感染するくらいに激しい喧嘩があったか、または交尾か…

この子達がおっぱいに吸い付いていた仮ママのしろちゃんは一回目の検査は猫白血病猫エイズともに陰性
二回目の検査も陰性でありますように、エイズが感染していないことを祈る

30番、しろちゃん

集団のなかに避妊去勢をしていない子が混ざっていたことが、感染の一番の原因だったのではないかと思う

多頭だからって、怪我をするようなケンカはほとんどしない
でも未避妊未去勢の猫が一緒にいたらどうなるのか、、
ありえないから想像出来ない

 

それから、14番ぶっちゃん
京都から引き取りの、お尻が大怪我の子

ぶっちゃんは保護時は白血病のみだったはずだけど、こちらで保護してからのウイルス検査はエイズも陽性でした

 

猫達がみんなごっちゃで陰性も陽性も未避妊も一緒

今後またそのような状況になることはないように願う

 

 

『仙台猫56匹SOS』

 

『仙台猫56匹SOS』クラウドファンディング

『仙台猫56匹SOS』アメブロ

猫保護活動のボランティアをされていたEARLY(金田真紀子)さんが7月中旬から入院しており、脳出血とのことです

ツイッターで、「今後が見通せない状態となりました」との発信もあり、
同じ仙台在住のボランティアが集まり『仙台猫56匹SOS』を立ち上げ、金田さんのお宅から56匹を保護しました

私は以前から金田さんに指摘や意見をさせていただいており、めっちゃ嫌われてたので、金田さんがツイートしなくなって何日か経って、気にはなっても私自身はどうすることも出来ず、猫達を心配して金田さんに連絡をとってくれた、さくらねこもみじ会さくらママさんや、奔走してくれたメンバーの方々のお陰で猫達を救出することが出来ました

この子はミクちゃん、岩手からだったけ、たしか…

 

ぶっちゃんと一緒に保護だった、ちーちゃん

この二匹はビビりでシャーシャー、優しいボランティアさんが後日段ケージを持って来て移動させてくれました
素晴らしい~
上の段に行っててくれないとお世話できませんからー

 

綺麗にする前に撮ってしまってすみません

少しくらい警戒してもいいんじゃない?って思うくらい馴れ馴れサバ白おっちゃん
金田さんが入院の直前に保護してたアパート置き去り猫の一匹、馴れ馴れ~

怖がりが数匹いるけど馴れ馴れの子の方が多い

愛媛から来たチコちゃんも馴れ馴れデレデレ❤

 

経済的にも時間的にも体力的にも自分の保護猫達を守るので精一杯で、私がこの子達のお世話に行くのは週に一回だけ、回数多くお世話に行ってくれるボランティアさんに負担をかけてます
でも猫達のお世話は簡単じゃなくて、食欲やウンチの状態確認、治療している子は投薬しなければならず、皮下点滴が必要な時もあり、飛び出し注意の子もいたり、毎回報告を記入して次の人がそれを確認して続けていきます
具合が悪いのか様子を見ていいか当番の人が判断して対処しなければならないので熟練のボランティアさんじゃないと難しいでしょう

今後、里親さんを募集していくときに協力できるように『仙台猫56匹SOS』のメンバーに、にゃんこ組一同で参加しました

私だけじゃ役に立たないので、いつも足引っ張りの私は、またまたメンバーを巻き込んでしまったけど、、

にゃんこ組の保護猫達は馴れ馴れの子ばっかりじゃないので、人馴れしていて里親さんを募集出来る子だけでも送り出してやりたい

 

体調の悪い子や子猫達など、仮宿の56にゃんハウスに置いておけない子達はそれぞれに手分けして保護しており、

うちに連れて来た22番

情報ではアパート置き去り猫の一匹
金田さんの投稿にキジトラも写ってるけど、痩せすぎてて、どの子なのかは分からない

アパート置き去り猫の保護に協力した人は、金田さんが10匹も保護することに何とも思わなかったのか
成猫10匹ってさ、ケージが10台必要だよね
普通に考えたら簡単に出来ると思う?おかしいべ
何考えてんだ

この激やせ
1.65kgしかない、
低アルブミンで死んじゃうとこだったよ
いや今もまだあまり改善していない…

他のボランティアさん達は複数頭連れて行ってて、てんてこまいしてると思う。。。

 

生存していた子、いなかった子

助けられなかった子…

これから救える子達だけでも、確実な医療をかけて送り出したい

 

クラウドファンディングがスタートしました

仙台猫56匹SOS

https://camp-fire.jp/projects/view/323248

アメブロ『仙台猫56匹SOS』にて情報発信と、他メンバーSNSやブログでも発信します

情報拡散、応援ご協力お願いします

 

『仙台猫56匹SOS』メンバー

愛すべき野良猫の会  ゴンママ

さくらネコもみじ会 さくらママ

六畳ねこ  うしまる

にゃんこ組  一同

ほか、個人ボランティア複数名

 

 

TNRのその後(仮設TNRの現場)

 

 

2015年10月にTNRの猫達

震災後、
こちらと隣接した敷地の仮設住宅で、一人暮らし、糖尿病を患っていて車椅子のおじいちゃんが餌やりして増やした猫達を保護とTNR

責任は誰に、、、
(2015年10月10日更新)

今はもう仮設住宅はなく、
公営住宅に引っ越しした車椅子のおじいちゃんは、タクシーで時々猫達の様子を見に来ていたそうだけど、体調が悪くなっているそうで最近は来ないらしい

ただ、ここから公営住宅に連れて行った猫がいて、じいちゃんは連れて行った子をいつまでお世話が出来るのか…

 

ご飯をあげてくれてるお母さんも体調の不安があり、ここの現場を終息させるよう猫達を保護していくことに。

 

 

去年、最初に保護したゴローさんが、治療から看取りに長い日数がかかり、

 

それから、痩せてきたと連絡が来てたまん丸しっぽの茶トラのろくちゃんは、あっという間に痩せて
保護はしたものの、がんが末期で何も出来ないまま一ヶ月もせずに亡くなって、

震災の年に生まれたとしても、もう9歳
病気になってしまっても不思議じゃない年齢になってる
もともとこの子達のリリースは全く歓迎されてなかったのに、
長い間放っておいてしまって申し訳なかった

 

先月末に保護した白茶の七宝(しっぽう)ちゃんは、風邪症状が悪化して痩せてしまってたけど回復してきているので、のんびり暮らせる環境を提供してあげたい

あと3匹

ごめん待ってて~

 

にゃんこ組ホームページ
(3月31日ブログを更新しました、トラジローの里親さん募集)

にゃんこ組フェイスブック

にゃんこ組インスタ

にゃんこ組Amazon欲しいものリスト(組長、近藤にゃんこ)

にゃんこ組Amazon欲しいものリスト(猫おば)

ブログ投稿記事

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。